ただの日記でございます。管理人は、かなと申します。基本的にあまり大したことは書いてません。でも、たまーに面白い事も書くかも知れません。


by pore_pore_kana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

::::: 2005年12月17日 :::::
f0009909_1551113.jpg

ものすごく早く寝たので、朝には体力回復!
前日、お昼も食べれず、夜も洋ナシとバナナだけだったので、いい感じにお腹がすいていました。
デンマークの朝食がおいしかったので、ここストックホルムも期待大!
そして、やはりまだ暗い朝、食堂へ。

基本的に、バイキング形式(ビュッフェ形式)の朝食で、パンやらハムやらヨーグルトやらシリアルやら色んな種類がたくさんあって、迷う迷う。
ちょっとデンマークと違うのは、ニシンの酢漬けとゆで卵が数種類あったのと、卵のグラタンがありました。チーズはデンマークより種類が少な目。

とりあえず、ニシンの酢漬けから食べるのがマナーって聞いたので、ニシンの酢漬けを食べてみたら、これがウマーーーー!
マスタードソースのニシンもウマーーー!
ゆで卵も、堅さが色々選べたり(どのくらいの堅さなのか、札に書いてありました)、半分に切ったゆで卵がバットにいっぱい並べられたのもあって、しかも、その上にディルが盛大にかかっていてドキドキ。
だってー、日本だったら立派なスーパーに行かないと買えないし高いよ、ディル。
で、それにたらこのペーストをつけて食べたら、これがまたウマーーーー!
卵のグラタンも優しい味でウマーーーー!
何?何食べてもおいしいよ!
パンもおいしかったー。でも、さすがに小さいの1枚しか食べられず。なんか悔しいぞ。

お腹もいっぱいになったので、お出かけしましょう。
うっすらと明るくなった外の景色を見てみると・・・えっ?雪が積もってる?
あれーー、いつの間に降ったんだろう?
その雪景色を見て、コペンハーゲンよりも寒いんだなーと思い、セーター2枚着込んで行く事にしました。

f0009909_15511612.jpg

まず、ストックホルムに来たら見ておきたかった、ガムラスタンに行く事にしました。
ガムラスタンは、ホテルから中央駅を越えて、その先の小さな島にあります。
昨日は中央駅からホテルまで、地下鉄を使いましたが、道を覚えたかったのと、お散歩もしたかったので、ガムラスタンまで歩いて行くことに。
9時半すぎた頃に、ようやく朝日が!
北欧の朝はホントに遅いです。
しかも土曜日なので、まだ人はほとんどいません。
あれ?ホテルのまわりには雪が積もってたのに、大きな道路には雪はないぞ?
除雪されてるのか、それとも雪が積もらないように何か細工がされてるのかな?

f0009909_15513095.jpg

しばらく歩くと、小さな広場にマーケットが出ていました。
まだちょっと早い時間だったので、準備の途中って感じです。
野菜やフルーツ、クリスマスグッズなどを売ってました。
ガイドブックを見てみると、ここがヒョートリエット(Hötorget)という事が判明。
地下鉄の駅の入り口もすぐあって、しかも、それは、ホテルの最寄り駅の一つ中央駅寄りの駅。
えー、歩いてみるとこんなに近いのねー。

準備中のマーケットをちょっと覗いてみました。
夏はもっと種類があるんだろうけど、冬は農作物が少ないのか、だいたいどこも、オレンジ、リンゴ、洋ナシ、バナナ、あと、ニンジンとかキュウリ(でかい!)とか基本的な野菜や果物数種類のみを取り扱っていました。
野菜の種類は、ちょっと少ないかも。
でも、こういう市場を覗くのって、買い物しなくてもなんか楽しいね。

さらにてくてく歩いて行くと、中央駅のアーランダ・エクスプレスの乗り場が。
えー、意外と近いのかー。
なんだか、重たい荷物を抱えてうろうろしてた、夕べの自分って何なんだろうと、うっすら思ったりして。
いやいや、ただ歩くだけだったらいけど、足場が悪くて上り坂だから、荷物を引きずってここから歩いてホテルまでもキツかったかも。

f0009909_1552132.jpg

これは、中央駅近くの地下鉄の入り口。
スッキリしててステキなデザイン。
で、また中央駅からしばらく歩いていくと、ガムラスタンのあるリッダーホルメン島までわりとすぐでした。

・・・と、なんなくここまで来た感じですが・・・ストックホルム、めちゃめちゃ寒い!
歩くと身体があったまるし、帽子までかぶったら大げさかな?なーんて思った自分が馬鹿でした。
歩いていると、暖まるどころか、耳が切れそうに痛いです!
コートの中はかなり厚着をしてて、ホッカイロも貼ってるのでそうでもないんですが、出てる部分が、寒いを通り越して「痛い!」。
改めて、北欧の冬の厳しさを知りました。
帽子と手袋、マフラーは必須です!冬の北欧!
帰ってから知りましたが、もっと北に行くと、帽子をかぶってないと、そのへん歩いてるおばあちゃんに「帽子かぶらないと駄目だよっ!」って叱られるそうです。笑
私がいた時は、まだ良かったみたいですけど、もっと寒くなると、頭まで痛くなるそうです。

でも、寒さにヒーヒー言ってる私の前を、セーター1枚で歩いてる女の子が通り過ぎていきました。
そういえば、コペンハーゲンでは、Tシャツ1枚の男の子も見ました。
君達!どんだけ寒さに強いねん!

f0009909_15531170.jpg

そして、鼻水すすりながらポテポテ歩いていくと、ガムラスタンに到着。
宮崎駿が「魔女の宅急便」の舞台のモデルにしたっていうくらいだから、さぞかし可愛い町並みなんだろうなーと思っていたのですが。まあまあ、そんな感じね、ってところです。

そうそう、ここには、ノーベル博物館もあるらしいので、それを探さなくては!

f0009909_15532543.jpg

と、うろうろしていると、大きな建物の前に広場があり、そこは何なのかなー?って思っていたら、一人の衛兵さんがカツカツカツ!と音を立てて私の前に立って、じーーーっとしています。
言葉は発しませんが「写真撮るなら撮っていいよーん」って、笑った顔してこっちを向いてたので、1枚パチリ!
撮った後に「ありがとう!」って言ったら、またカツカツカツと足音を立てて、所定の場所に戻っていきました。
何?面白すぎ!
で、その後、上司みたいな人に、ちょっと何か言われてました。持ち場離れて注意されてたのかも。笑

f0009909_1722916.jpg

で、その広場には、こんな大砲とかもあったりして。
博物館か何かかと思って、その広場をうろうろしていたら、別の衛兵さんに「あ!その線から中には入れませんよ!」って注意されました。
「わっ、ごめんなさーい!」って謝ったら、「いいの、いいの」くらいの顔でニッコリしてました。
どうやらここは、スウェーデン王宮だったみたい。
私みたいな、わけのわからない観光客が変なところに入っていかないように、いる衛兵さんなのかも?
でも、この寒い中、ずーっと外に立ってて、寒そうーーー!
若い男の子ばっかりだったから、これって、下っ端(←もっと他の表現ないのか?って?笑)の仕事なのかな?
うう、早く偉くなって、暖かい部屋で業務できるようにがんばってね。
つか、衛兵さん、みんなニコニコしてて、うれしがりっぽい感じだったけど、大丈夫なのか?スウェーデン王宮のセキュリティーは?笑

注:「衛兵さん」って呼んでますけど、この警備の管轄は、軍隊なのか、警察なのか、私にはわかりません。すんません。


そんなこんなで、ガムラスタン探索はまだ続きます・・・



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-08 17:58 | travel

ちょっと別の話題。

『Over The Hills And Far Away』の朱里さんから、「姫バトン」なるものがまわってきたので、それをちょっとやってみようかと思います。

質問は以下の通り。
1.無条件でトキメク●●な人を3人
2.無条件で嫌いな●●を3つ(ジャンルはどんな物でも)
3.無条件でお金をかけられる●●を3つ
4.無条件で好きな●●を3つ(ジャンルはどんな物でも)
5.無条件でバトンを受け取らせる5人

ではスタートです!

1.無条件でトキメク脱力な人を3人
 ★BECK
 ★ベン・クウェーラー
 ★スティーヴ・ブシェミ

2.無条件で嫌いな事を3つ
 ★戦争
 ★暴力(言葉の暴力も含めて)
 ★差別

3.無条件でお金をかけられる●●を3つ
 こ・・・これはキビシイ質問です。
 お金持ちじゃないので、何でも上限ありです。笑

4.無条件で好きな映画監督を3人
 ★ラッセ・ハルストレム
 ★ジム・ジャームッシュ
 ★ガイ・リッチー

5.無条件でバトンを受け取らせる5人
 こ・・・これも、誰か是非やってみて下さいまし!


・・・こんな感じで、ちょっとへなちょこでスミマセン。
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-07 01:40 | small talk
::::: 2005年12月16日 :::::
f0009909_1915464.jpg

コペンハーゲンからストックホルムに向かう際に、飛行機でのセキュリティチェックでカメラからフィルムを抜いたので、今回は写真が少ないです。

さて、コペンハーゲンのカストロップ空港では、搭乗案内のアナウンスなどはないので(成田で良く聞く「Attention, please〜」とかいうやつね)自分でモニターを見て、出発便が何番ゲートから出るか、とか、搭乗は始まっているのか、とかをチェックする必要があります。
ある程度の時間にならないと、搭乗ゲートの案内が出ないので、案内が出たところでゲートに向かいました。

セキュリティ・チェックの時に、フィルムを持っているので、「X線通したくないんですけど」って言ったら、ゲートにいた人が「ちょっとー、これチェックしてー」って後ろの係の人に私のバッグを渡しました。
そしたら、1本1本フィルムをチェックし、さらに、カメラに入ってるフィルムも抜けと。
どうやら、空港内は撮影禁止のようで、しかも、カメラもX線を通すので、感光しちゃうっていうのもあったみたい。
ホントに、忙しいのに、すみませ〜〜〜ん。汗
で、全部チェックし終わった時に「Tak!」と言ったら、にっこり笑ってくれました。
あー、デンマーク人ていい人多いなーーーー。

そして、ゲートに行ったら、まだだーーーーーーーれもいなくて、「ひょっとして、私ゲート間違えてる?」って不安に。
でも、出発まで、1時間以上もあるので、免税店を見てまわったり(とはいえ、特に買いたいものはナシ)コーヒー飲んだりして時間を潰してました。
程良い頃を見計らって、ゲートに行ってみると、まだあんまり人はいなくて、ガラーーンとしたゲート前の待合室でベンチに座ってぼーっとしていました。
出発の30分前になっても、SAS(スカンジナビア・エアライン)のスタッフは顔を出しません。
「え?やっぱゲート違うの?」と思って、待合室の入り口の掲示板を見にいくと、私の乗る便とはちがう便が表示されていて、一瞬びっくり!
「ぎゃー!」と焦っていたら、掲示板が表示を変え、私の乗る便の番号が掲示されました。
どうやら、スカンジナビアとルフトハンザの共同運行のようで、便名が2つあったみたい。(紛らわしいー!)
とにかく間違ってないことがわかったので、そのまま待合室で待つ事に。

出発予定時刻の10分前になっても、搭乗案内がありません。
ものすごい不安に。
そうしたら、ようやくアナウンスが流れて、出発時刻が変更になった事がわかりました。
なんらかの事情で遅れてるみたいです。
アナウンスに耳を傾けるも、デンマーク語やらスウェーデン語の後から英語のアナウンスがあるので、それもまたややこしい。

結局、1時間ほど遅れて飛行機は出発したのですが、ここで新たな不安が私の胸をよぎりました。
ストックホルムからコペンを経由して成田までという、帰りの乗り継ぎ時間が1時間しかないのですが・・・こんな状況で飛行機が遅れたら帰れないじゃん!と・・・

そんな不安をよそに、飛行機は無事ストックホルム・アーランダ空港に到着。
もちろん外は真っ暗です。
で、到着ゲートから外へ出たのはいいのですが、荷物を受け取る場所がわからない!
出てすぐのところは、出発の乗客がたくさんいて、何がなんだかわからない状況です。
困った時にはとりあえず制服着てる人を捜せ!ということで、制服着てる人にバゲッジ・クレームの場所を聞いたら、これがまた遠いの。
一度、免税店が並ぶエリアを通り過ぎてから、相当歩いたところにありました。
荷物が出てくるのも時間がかかって、私が迷ってたどり着いた頃に、まだ前の便の荷物がぐるぐる回ってました。

ぼんやり荷物が出てくるのを待って、荷物を小型カートにくくりつけて、インフォメーションセンターを探しました。
ストックホルムまでどうやって行こうかと思っていたので、聞いてみたところ、バスかアーランダ・エキスプレスで行けると。
アーランダ・エキスプレスはちと高いけど、断然早いので、そちらを選択。

で、ガラガラと荷物を引きずって、ホームに行ったは良いのですが、やっぱりどのホームで待っていいのやら?
で、またもや、列車を待ってる感じの人に、チケット見せて「ストックホルムまで行くのにはこのホームで待ってればいいの?」って聞いたり。
もう、人に聞きまくり。現地の人、ホントにすみません。汗

f0009909_20101034.jpg

アーランダ・エキスプレスに揺られること約20分、ストックホルム中央駅に到着しました。
そして、ガイドブックで調べておいたホテルの最寄り駅まで、地下鉄で行くことにしてあったのですが・・・地下鉄乗り場がわかりましぇーーん!涙
駅構内をグルグル荷物を持って徘徊するも、地下鉄の入り口が・・・
途方にくれていたのですが、ここはまた思い切って人に聞く事に。
ちょうどその時、目の前から旅行用バッグを持って歩いてる人がいたので、その人に地下鉄の乗り口を聞いたところ、「そこまで連れてってあげるから。ついてきて!」ってので、後をついていくことに。
でも、その人、大きな荷物を持ってるくせに、ガンガン階段を下っていったりで、ついて行くのも精一杯!
ひえ〜〜〜待って〜〜〜〜!つか、スウェーデンって福祉が充実してるって聞いてたけど、駅に下りのエスカレーターとか無いのーーー?
しかも、アーランダ・エクスプレスのホームから、地下鉄の乗り場まで、すっごい遠いの。
でも、その親切な人(コールドプレイのボーカル似)は、私が乗るべき電車のホームまで連れてきてくれて、ホントに親切!
自分は違う方向なので「じゃあ、気をつけてね!」って言って去っていきました。
わーーん、どうもありがとうーーー!泣

そして、中央駅から2つ目の駅で降りて、ホテルを目指すも、ホテルへ続く道が見つかりません!
おかしいな?地図通りに歩いてるはずなのに、その道路の名前がないよ?
で、またもや、通りすがりの人に地図を見せて、「ここに行きたいんですが、どうやって行けば・・・?」と尋ねるも、地元の人じゃなかったらしく、でも、地図を見て「多分逆方向だと思うのよねー」って教えてくれました。
そして、そっちの方角に歩いていっても、やっぱり見つかりません。
歩道はボコボコしてて、キャスターがうまく動かないし(ここは福祉の充実したスウェーデンのはず?)、途中に変な溝みたいなのもあって、キャスターがはまるし。
もう、汗だくで重たい荷物を引きずって歩いていると「どうしたの?大丈夫?」って声をかけてくれた、犬散歩中の若いおにーちゃん。
ああ、神様が使わした天使だよ!君っ!!
で、先ほどと同じように、地図を見せて、ホテルの場所を聞いてみると、さっき教えてくれたのは、やっぱり逆で、私の進行方向が合ってたみたい。
ガーーン!
その人が地図を見てる間、ワンコが鼻をすりすりしてきたので、頭をなでてやると、私の手袋から湯気がっ!
私はものすごく暑いんだけど、外気は相当冷たい模様。
もしかして、私ったら全身から湯気出てたのかも。
それで、その犬散歩中の人も「何?」って思ったのかも。いやーはずかちい・・・。

その犬散歩青年のおかげで、ようやくホテル方向に向かう道も発見できました。
でも、すでに迷って歩き疲れた上に、上り坂!荷物は重いし!歩道はガタガタ!
車椅子の人は、このガタガタ歩道、どうしてるのっ?
ここは福祉の国スウェーデンじゃないの?
つか、旅人にもキビシイよ!
なーんか、私ったら、スウェーデンに拒絶されてるのかしら?

で、ようやくホテルを発見!
でも、ホテルの入り口が階段だよ!
最後の難関だー。
そうしたら、外から帰ってきたホテルの宿泊客かとおぼしきおじいちゃんが、荷物をあげるのを手伝ってくれました。
きゃー、荷物よりも、あなたの方が心配だから!おじいちゃん!
なんだか、みんな親切だよ、北欧の人たち!ホントにありがとう!

ホテルのチェックインを済ませる頃には、もう夕方の6時。
コペンのホテルを出発したのが10時頃だったので、移動にかれこれ8時間もかかってしまいました!
もう、街を見学したり、外で食事をする体力も気力も残されていなかったので、荷物を置いたら、近くにあったセブンイレブンで、お水とコーヒー、洋ナシとバナナを買って、それ食べてバタンキュー!
もう無理。今日はもう寝る。
f0009909_20105322.jpg

そんな状況でも、旅は続きます・・・



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-06 20:26 | travel
::::: 2005年12月16日 :::::
f0009909_20581144.jpg

今日は、コペンハーゲンからストックホルムへ移動します。
コペンでの最後の朝食。
食堂へ行って「何食べようかな〜」って悩んでいると、突然、耳に日本語が飛び込んできました。
え?日本人?と思ってあたりを見ると、外国人女性(どっちかっつーと私の方が外国人なんですけどね。笑)が日本語を。
どうやら、一緒にいらいた旦那様が日本の方のよう。
なんだかステキな年輩のご夫婦でした。

あー久々に日本語聞いたなー、と思いつつモリモリ食事をしていると、今度は日本人女性と外国人男性のヤングカップルが。
あれ、今日は日本人が多いなー?と思っていたら、女性の方が「日本の方ですか?」って日本語で話しかけてきました。
「そうですー」と言って、その方としばらくお話しました。
昨日コペンハーゲンに着いて、今日色々まわるそう。
私は今日出発しちゃうので、食後に「よい旅を!」と言いつつお別れ。

そういえば、コペンハーゲンに来てから、日本語話してなかったなー。
街で日本人もほとんど見かけないし。
日本ですれ違ったりとか、日本人観光客の多い国ですれ違ってもお話する機会ないと思うけど、そういう状況の旅先ならではの母国の人とのふれあいが、なんか良かったです。

f0009909_20575299.jpg

ホテルをチェックアウトするまでにちょっと時間があったので、最後にコペンハーゲンの街をお散歩。
今回、ドラオアに行った時に一瞬晴れ間が見えたけど、基本的にずーーっと曇り空のデンマーク。
今日も空はどんより曇っています。
そうそう、前に見つけたMEWのポスター、暗い時に撮ったから写ってるかどうかもわからないので、もう一回撮っておこうかな?ってそっちの方角を中心にお散歩しました。

今回「そうだ、北欧に行こう!」と思い立ったのも、MEWをはじめ北欧のミュージシャンが、私の好きなミュージシャンリストに数多く登録されるようになって、そういったアーティストを輩出してる北欧ってどんな国?という、発想からだったんです。
うはー単純!アタシったら!笑
そんなわけで、街角のMEWのポスターはちょっと嬉しかったのでした。
(しつこくまた登場↓)
f0009909_20583145.jpg

地図を持たなくても、大まかな方角が分かってきたところで、この街とさよならというのもなんだか寂しいですねー。
つか、私が迷いすぎっつーのもありますが。笑
そして、上の写真を撮り終わった途端に、空から雪がはらはらと舞い降りてきました。
あら、なんだかステキ。
心の中では、MEWの「She Came Home For Christmas」という曲が鳴り始めましたよ。

f0009909_20585712.jpg

最後のお散歩も終わり、ホテルをチェックアウトして、空港へ。
またセキュリティーチェックに時間がかかるし、ストックホルム行きのカウンターを探したり(慣れてないからね)しなきゃいけないので、余裕をみて早めに出発しました。

もう、コペンハーゲン中央駅から空港までは余裕余裕、電車の乗り方も覚えたしー・・・
と思いつつ駅のモニターを見てみたら、電車の案内が出ていません。
あれ?何番線に行けばいいの?とあたりを見渡すと、いつもより人が多いです。
モニターの文字は読めないけど、どうやら電車が止まってる様子。
ちょうど国鉄の制服を着た人がいたので、「何かあったんですか?」って聞いてみたら「今、電車が止まっちゃってるんです」との返事。
「いつ頃動くのでしょー?」って聞いたら「わからないけど、少なくとも後1〜2時間はかかるかも」って。
えーーーそれは困ったー!!

そして、慌ててガイドブックを見てどうやって空港まで行くか検討。
バスという手もあったのですが、また乗り間違えたりして飛行機の時間に乗り遅れても困るので、タクシーにした方がいいのかなー?
お財布の中の現金を見てみると、まだデンマーク・クローネが残っていたので、タクシーに乗っても大丈夫そう。

f0009909_2059663.jpg

駅の構内では、電車の不通を取材するテレビクルーが。
なんだか、今回、テレビ撮影現場によく逢ったなー。笑

f0009909_20592157.jpg

そして、幸いにもタクシーはすぐつかまりました。
タクシーの運転手さんに「電車が止まっちゃって・・・何があったのでしょうか?事故なの?事件なの?」って聞いたら「どうやら、電車に飛び込んだ人がいたらしいよ」との事。
おーーー!忘れてました!北欧は鬱病や自殺が多いって事!
まさか、そういう現実を目の当たりにするとはっ!

そういえば、コペンハーゲン滞在中に、緊急車両のサイレンの音ってほとんど聞いた事がなくて、日本に比べて、事件や事故が少ないんだなーっていう印象だったんですが、朝のお散歩中に、サイレンの音が聞こえた事を思い出しました。
そうか、あのサイレンは・・・

雪も本格的に降って来たし、そんな事件もあるし、ちょっと複雑な思いを抱えつつ空港に到着。
思ったよりも早く着いたので、とっととチェックインを済ませて、ベンチに座って旅行記のメモをつらつら書いて時間をつぶしていました。

そんなことをしていると、背後から「あ、今、電車止まってて乗れませんよ」(←英語ね)という空港の係員の声がしました。
そしたら、「え?電車止まってるって?」と日本語が。
振り向けば、日本人の女の子2人が。
今着いて、コペンハーゲンに向かおうとしてるみたい。
今日は日本人デーだな、と思って話しかけてみることに。
「電車が事故で止まってて、いつ動くかわからないから、タクシーかバスで行った方がいいよ。ちなみに、コペンからここまでタクシーで190DKKでした」って伝えました。
そして、コートのポケットに入っていたコペンハーゲンカードが、その日の夕方5時まで使えるので、彼女達に差し上げました。
ホテルも決まってないって言ってたけど、大丈夫だったかなー?
自分が泊まってたホテルが、駅から近くてとても便利だったので、教えてみたけど・・・。

と、人の心配をしていましたが、その後、自分も大変な思いするとは、その時想像もしていなかったのでした。

つ・づ・く・・・


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-04 22:29 | travel
::::: 北欧STATUE事情 :::::
f0009909_15403435.jpg

「北欧豆知識」ってタイトルつけちゃったからそのままやってますが、全然「豆知識」じゃないですね、このコーナー。笑
単に私が「へー」とか「ほー」とか思った印象だけで進めてますが、どうかお許しを。

さて、コペンハーゲンとストックホルムに行って思ったのは、銅像だの石像だのブロンズ像だの、とにかくいたるところに「像」があるなーって。

f0009909_1542978.jpg

基本的に「英雄系」が多くなるのは当然なので、こういった馬に乗って勇敢に見えるものが多いです。

f0009909_15424064.jpg

全身像が多い中、こういう胸像ももちろんあるわけで。
公園とか、ランドマークになる建物とかには必ずといっていいほど、なんらかの「像」が存在してるわけです。

f0009909_1543313.jpg

遊歩道にも、小さいレプリカ像がゴロゴロあったり。

f0009909_15405737.jpg

こんな感じで、道路の真ん中にまで!

f0009909_1543864.jpg

指さされても、何なのかわかんないのとか。

f0009909_15445071.jpg

で、こういう裸系のも多いんですけど、冬場はなんだかすごく寒そう。

f0009909_15452549.jpg

指も怪我してるみたいだし。

f0009909_15484827.jpg

そして、北欧は自然が豊かなので、鳥も多いのです。
そうなると、当然、空からの攻撃もすごいわけで。
こうやって、顔面で鳥フンを受けてしまうかわいそうな像も・・・。

f0009909_15454554.jpg

もう、ホント、こんなくだらない視点でまとめてしまってすみません。
ええ、もちろん、学生時代には、歴史の教科書には必ず落書きしてたクチです。
てへ。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-02 16:21 | travel
::::: 2005年12月15日 :::::
f0009909_21213880.jpg

ラウンド・タワーから帰ってきて、服を着替えたりコートを乾かしたりしてから、写真の現像が上がるまで、ちょっと中央駅周辺を撮っておこうかな?と出かけました。

駅の構内には、巨大なクリスマス・ツリーが。
中央駅というだけあって、やはり夕方の駅は人でいっぱい。
この時間の電車もやっぱり混んでます。

f0009909_2122299.jpg

で、先ほど気になっていた謎のオブジェ。
どうやらテレビ撮影のためのセットだということがわかりました。
テレビスタッフがせわしなく動いています。

f0009909_2122197.jpg

これはカメラチェックなのかな?
この時、私はカメラを向けられてるこの人たちが、ADさんだとばかり思ってました。
(日本のテレビは、タレントさんが現場に入るまで、こうやってスタッフがカメラチェックすることが良くるじゃないですか)

外国に来て、テレビ撮影の現場なんて見る事もあんまりないかもね、と思って、この状況をバシバシ撮ってたら、なーーんか、視線を感じるんですよ。
知り合いもいないこの土地で私を見てるのは誰?
と思って、その気配の方を向くと・・・
テレビ局のカメラマンが私を撮ってる模様!
えーーーーーーーっ?
えっと・・・えっと・・・・・・なっなんか!なんか、負けられへん!
こっちもカメラを持ってるし、ここで引いたら負け!みたいな雰囲気になり(なってない、なってない。笑)カメラを持つ物同士のガチンコ勝負に!

f0009909_21235399.jpg

手ぶれしてる私の負けっぽいですけど・・・。笑

f0009909_21224642.jpg

どうやら、それは夕方の生放送の番組だったみたいで、駅でもオンエアされていました。
そして、先ほど、ADさんだと思ってたこの二人がテレビのモニターに映し出されていました。
えーーっ、出演者だったんかい!
それにしちゃー、あまりにも普段着なのでは?君たち?
思わず勘違いしちゃったよ、ワタシは。

そして、これは、ニュース・バラエティみたいな?感じの番組なのかな?
内容はよくわかりませんでしたが。

あ、そろそろ、現像できたかしら?と、テレビ中継現場を後にして、時間のかかる 1 hour photo に行ってみると、「あと1時間半くらいかかるんだけど」と言われました。
えーーっ!あなた、それ時間かかりすぎ!
でもお店の人の言うことには、「機械の調子が悪くて、修理するのに時間がかかり、ゆえにプリントもどんどん溜まっていって、こんな時間になっちゃったんです」との事。
まあ、そういうトラブルだったら仕方ないものね。
ただ、明日ここを発つので、「明日仕上がり」って言われたらキツイな、と思っていたので、今日中にできるならオッケー、オッケー。

では、ホテルに戻って、はがきでも書いてましょう。
f0009909_21231924.jpg

ホテルに戻って、テレビをつけてみると、さっき駅で撮ってたテレビがまだやってました。
ADさんと間違えてしまった彼らが映ってましたよ。
デンマークのテレビを見てて思ったんだけど、テレビに出てる人がみんなカッコイイとは限らないって事。
街中には、キレイなおねーちゃんや、カワイイおにーちゃんでいっぱいなのに、テレビの中の人は、わりと普通の人が多かったです。

しかも、左側の人は、色々しゃべったあと(デンマーク語でわかんなかったけど、何かの募金を呼びかけてたような感じだったなー)歌い出しました。つか、ラップし始めました。
ラッパーさんだったんだねー。
でも、カラオケで、駅中でラップしたりして大変だなー。
それを見て「夜のヒットスタジオ」の中継を思い出したのですが。
・・・それにしても、思い出すもんが古いなー、ワタシも。笑

f0009909_21242738.jpg

そして、夜の7時半ころに、昼に出した現像がようやく上がりました。めでたしめでたし。
写真を受け取りにいくついでに、絵はがきをポストに投函できたし。

明日はコペンハーゲンを発って、ストックホルムへ向かいます。
デジカメでホテルから外を撮ってみました。
なんだか、満月?なのか?雨上がりの空に月が不気味に輝いていました。


旅はまだまだ続きます・・・





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-01 22:28 | travel
::::: 2005年12月15日 :::::
f0009909_169187.jpg

ドラオアからTårnby(ターンビーと読むのかな?)駅に行って電車に乗って帰ってきました。
駅につくと、甘い香りが!
駅の入り口のところでマンデルを売っていました。
売ってる人がロバート・カーライルに似てたのと、お昼を過ぎていたので、ちょっぴりお腹がすいていたので、そこで試しに買ってみることにしました。
・・・ローバート・カーライルはカンケーないか。笑
コペンハーゲンまでの帰り道、電車の中で一粒だけ食べてみたら、思ったよりも甘くなくておいしいー!

そして、車内を見るとはなしに眺めていたら、ドアの上のところに色々なサイン(絵文字みたいなアレ、何て言うの?)がありました。
禁煙マーク、アイスクリーム禁止マーク、そしてその隣には「ソーセージ禁止」のマークがっっっ!!!!
車内で食べちゃだめって事なのか、持ち込み禁止って事なのか、ちょっとわからなかったんですが、ソーセージ禁とは!
国が違えば、そういった禁止事項も違うんですねー。
ちなみに、シンガポールではホテルと電車は、ドリアン禁止でしたけどね。(臭うから)
ああ、ひとり旅だと、こういう瑣末なネタを分かち合う人がいなくてツライね。笑
しかもね、手にマンデル持ってたから、写真撮れませんでした。残念。

コペンハーゲン中央駅について、朝、出せなかったフィルムを1hour photo に持っていきました。
フィルムを出すと「午後6時の仕上がり」って言われたんですが、そのころだいたい午後2時頃だったんですが・・・。
1 hour じゃないじゃん、と思いつつも、ま、いっかと。

いったんホテルに戻って、カメラをデジカメに持ち替えて、再びお出かけ。
小雨も降っていたので、コペンの街をブラブラすることにしました。
折り畳み傘を持っていったので、それが役に立つじゃないのー。

コペンから2駅北に行った Nørreport という駅で降りて、市内を一望できるというラウンド・タワーに行ってみました。
高いところにはとりあえず登っておかなきゃね。高所恐怖症だけど。笑

Nørreport駅を降りて、傘をさしてみたら・・・強風にあおられ、傘がお猪口状態に!えーーーっ!
骨が1本まがったので、それを修正して、懲りずに傘を開くも、バフォーーーンとまた強風がっ!
2〜3回は傘を直しつつ歩いていたんですが、最後はあきらめました。
傘をたたんで、小雨だったので、濡れながら歩く事にしました。

f0009909_161041.jpg

うひゃー、結構濡れちゃったよ。
ラウンド・タワーに着くと、持っていた小さいタオルで、バッグと自分を拭いて、タワーのスロープを登ることにしました。

ここで、ラウンド・タワーとは・・・
1716年、コペンハーゲンを訪れたロシアのピョートル大帝が馬で、エカテリーナ妃が4頭立ての馬車で、一気に駆け上がったと言われる円塔。(と、地球の歩き方に書いてありました)
ま、歴史的な事はあんまりわからないのですが、馬車で登ったって、どんだけ広いスロープなんだろー?と思ったのですが、確かに、ギリギリ馬車が入れるか?って幅。

馬車が登ったくらいですから、エレベーターなどあるはずもなく、己の足を使って坂を上らなければてっぺんまで行けません。
「そりゃそうだよな」と思いつつ、スロープをよいしょよいしょと登っていると、上から「きゃーーーーーーーーー」と叫びながら転げ落ちてくる子供が!
一瞬びっくりしましたが、子供達は、転がって遊んでる模様。
そりゃ楽しいよねー。
それにしても、ホントに、デンマークの子供は伸び伸びしてるなー。
私も参加したかったけど、大人なので、ぐっと我慢しながら坂を登りました。
これ結構キツイよ。
写真だとそうでもないけど、実際登ってみると、なかなかの急坂です。
でも、ここまで来ちゃったからには、登らないわけにはいかないでしょう、やっぱり。
で、展望台に行くには、さらに急な階段を上らなきゃいけなくて、もうこの時点で、息が上がっちゃってました、私。

f0009909_1611137.jpg

展望台に着いたはいいんですが、屋根はなくて、雨と風が吹き付けてきて結構危険。
コペンハーゲンを見下ろす写真のひとつも撮りたかったけど、これはカメラが壊れる!と思って、3〜4枚ほど撮って、展望台から降りてきました。
その展望台で撮ったのが、上の写真です。
雨だし、日も暮れそうだしで、暗いです。

f0009909_16113070.jpg

展望台にもちょっとしかいられず、そのまま坂を下り、坂の途中にあった展示スペースのようなところで、色んな作家が作ったラグをちょろっと見てみました。
そこの売店で、絵はがきを売っていたので買うことに。
フレデリクスボー城からの帰り道に、郵便局を発見して、そこで絵はがきを買ったんですが、書いてみたらば足りなくて、その売店で補充。

雨にも濡れちゃったし、風邪をひいてはいけないと思って、ホテルに引き返す事に。
小雨だったからまだ良かったけど・・・。
街を歩いている人を見ると、傘をさしてる人はあまりいません。
日本だったら100%傘さしてるだろうに。
このくらいの雨では傘なんてささないんでしょうか?コペンハーゲンの人々は?

f0009909_1612871.jpg

再び中央駅に戻りました。
駅のチボリ公園の出口付近がやたら明るくて、なんだかわからないオブジェみたいなのが照らし出されていました。
何かイベントでもあるのかな?

写真ができるまで、ホテルに戻ってひと休みすることにしました。



まだ続きます・・・





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-01 17:49 | travel
::::: 2005年12月15日 :::::
f0009909_2323958.jpg

ホントに静かなドラオアの町。
ほとんど人はいません。
平日ってこともあったかも知れないけど。

f0009909_23233921.jpg

たまーに、おじいちゃんが自転車乗ってるくらいなかんじ。
あまりの強風に、このおじいちゃん、ちょっとよろけてます。おっとっと。
ホントに風がすごかったよ。
でも、楽しく写真が撮れました。
まだ上がってない現像もあるので、それは追々 「スナップショッツ!」でご紹介しますね。

f0009909_23241973.jpg

町をブラブラしていると、スーパーマーケットがあって、その前に一匹で飼い主を待つ忠犬が。
しかも、ノーリードです。

こちらに来て気が付いたんですけど、ノーリードのワンコがたくさんいました。
駅のホームでもノーリード・ワンコを見ましたよ!

で、このワンコ、ものっっっっっそい人なつっこくて、私が写真を撮ろうとすると、近くに寄ってきて、鼻でカメラを持ってる手をグイグイ押し上げたりするのです。
かかか可愛い!でも、近すぎて君を撮れないよ。(←50mm単焦点)
せめて50cmは離れてもらわなくっちゃ!

ノーリードにしてるくらいだから、人間の指示を聞くかもしれないな、と思って「sit!」って言ってみたら、なんとお座りしましたよ!
あら英語が通じるの?
そして「stay!」って言って、そーっとちょっとずつ距離を取ってみたところ、しばらく動かないんだけど「な〜んちゃって〜」って感じで、また近づいてきて、鼻をグイグイ。
かかか可愛い!・・・いやいや、駄目駄目!そんなに近いと駄目なんだってば!
「sit!」「stay!」・・・いやいやまた・・・。

それを何回も繰り返していたら、通りすがりの人に笑われました。
上の写真はそんな苦労の末に撮った1枚です。
カメラに収まってもらった後に、「ありがとう」って頭なでなでしてお別れしました。

その後また写真を撮り続けていると、オヤジ軍団が近寄ってきましたよ。
f0009909_23243299.jpg

「どっから来たの?日本?」って、ものっそいフレンドリー。
なんだか良くわからないけど、せっかくだから「写真撮ってもいいですか?」って言って撮らせてもらったら、オヤジ軍団の一人が「君のも撮ってあげるよー」って言ってくれましたが、私のカメラはオートフォーカスじゃないので・・・
「これ、オートフォーカスじゃないから、難しいと思うんだけど」と、やんわり断ったら「なーに、大丈夫、大丈夫!」と私の手からカメラを取り上げて撮る気満々。
「じゃあ、ここがピントリングで、ここ回して焦点合わせてね」って使い方を教えて、1枚撮っていただきました。
それがこの写真。↓
f0009909_046096.jpg

お見せするほどの顔でもないので、私のとこだけ、ちょっとぼかしてみました。
強風で頭もボサボサだよ。いつもボサボサだけど。笑
しかも、一人、携帯かかってきちゃって電話してるし。
なんだかワケわかんない状況で撮影終了。

f0009909_23261944.jpg

そうこうしてるうちに、せっかくの晴れ間もつかの間、また雨が降ってきました。
どこかのカフェで休んでから帰ろうかなー、とも思ったんですが、雨が強くなったら、ますます帰れなくなるかも、と、そのままバスに乗って帰りました。
ステキなカフェがあったんだよねー。残念。

帰りは、空港まで行くバスがないので、間違って引き返した時に乗ったラインのバスで、空港の隣の駅まで。
なんか、こっちの方がバスの本数があって、コペンからも近いし、このルートを知ってればもっと時間かからなかったのになー。
地球の歩き方に、訂正依頼しようかなー、って、マジで思いました。
もしドラオアに行こうと思ってる方は、是非とも「Tårnby」という駅で降りて、「350S」ラインのバスに乗って行って下さいね!



まーだまだ旅は続きます・・・




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-01 00:19 | travel