ただの日記でございます。管理人は、かなと申します。基本的にあまり大したことは書いてません。でも、たまーに面白い事も書くかも知れません。


by pore_pore_kana
カレンダー

<   2005年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

f0009909_13573579.jpg

北欧へ行きたい!って人のための基礎知識。
私も今回行って、へーーっと思ったので、たまに、この番外編でお伝えしたいと思います。

★まず、北欧諸国へ行くのに、ビザはいりません。(観光で、90日以内の滞在の場合)
入国時のパスポートの有効残存日数は、デンマーク、スウェーデン、ノルウェーは3ヶ月以上。
フィンランドは、帰国時に3ヶ月以上。

★北欧諸国はシェンゲン協定国なので、最初に入国した国で、入国審査を受ければ、その後の各国間の移動は、国内の移動と同じです。(飛行機の搭乗時にパスポートは見せるけど、クレジットカードを提示してる現地の人もいました。陸路だったらそういうのがいらないんじゃないかなー?経験してないから想像ですが)
そして、シェンゲン協定国から日本に帰る場合、最後に出国する国で、出国審査を受けます。

★ちなみに、日本から直通で行ける北欧の国は、デンマーク(コペンハーゲン)とフィンランド(ヘルシンキ)のみ。
その他の北欧各国へ行く場合は、いずれかの国を経由していく必要あり。
でも、入国審査は一回だけなので、国内線乗り継ぎと、手続きは一緒です。

★コペンハーゲンでの入国審査は、ものっそい簡単でスピーディー。
アメリカ入国時に提出しなければいけない「入国審査証」などの記入はまったく必要なく、しかも、パスポートを見せるだけで、観光なのか商用なのかも何も聞かれず、ポンとすぐにパスポートにスタンプを押してくれます。

★通貨
これは、デンマークとスウェーデンにしか行ってないので、ほかの国はわかりませんが、デンマーク通貨は「クローネ(DKK)」、スウェーデン通貨は「クローナ(SEK)」。
成田での両替は現金のみ。トラベラーズ・チェックは取り扱ってませんでした。
ちなみに私が、出国時に両替した時のレートは・・・
1DKK = \21.46
1SEK = \18.55
帰国時に円に両替した時のレートは・・・
1DKK = \16.37
1SEK = \12.31
ものっそい換金率が悪いので、現金を少な目に持っていって、カードで支払えば良かったなと後悔。
あと、カードはサインではなく、暗証番号を自分で入力するというパターンを良く見かけたので、自分の持ってるカードの暗証番号をちゃんと覚えて行く事が必要です。

ちなみに、街のあちこちに両替所があったので、円をそのまま持っていっても大丈夫みたいです。
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-25 14:45 | travel
f0009909_18264442.jpg

::::: 2005年12月13日 :::::

飛行機が無事飛び立って、さあ、10時間どう過ごしましょう。
とりあえず、日本から1冊本を持っていったので、それを読んだり、映画を見たりして過ごせば、なんとかなるかしら・・・と思っていました。
現地に着くのが午後なので、寝ちゃうと時差ボケになってしまうので、がんばって起きていなくてはいけません。
隣の席の方は、お一人様で、おとなしく乗ってらっしゃったので、あんまり話しかけても悪いかも、と思って、私もおとなしくしていました。

一方、後ろの席では、日本人のおばちゃんと北欧青年が隣同士で、北欧青年がおばちゃんにガンガン話しかけられてます。
いやーーー、これは10時間キツイか?北欧青年?・・・と思っていたのですが、またその北欧青年が良くできた人物で、しかも日本語ベラベラ。
おばちゃんの話しかけに、とっても丁寧に、素直に受け答えしていて、ものっそい良い人!
なんで、そういう北欧ボーイと隣の席にならなかったかなー?アタシ?

どうやら、その北欧青年はノルウェー人で、里帰り、おばちゃんの方は、娘が結婚してスウェーデンのマルメ(ストックホルムからよりも、コペンハーゲンからの方が近いスウェーデン)に住んでいるので、その娘に会いに行くところのようです。

ノルウェー青年が「ノルウェーまでの飛行機の直行便がないんで、コペンハーゲンで乗り換えなんですよ」って言ってたので、何の下調べもしないまま来てしまった私は、早速機内にあったスカンジナビア・エアラインの雑誌をペラペラ。
たいていこういう雑誌には、その航空会社が運行している路線が書いてある地図が乗ってるはず。
で、見てみると、ホントだわ!北欧への直行便は、コペンハーゲンとヘルシンキしかないわ!
スウェーデンも大きな国なのに、日本からの直行便がないとは!
北極圏まわりで行くと、距離的には一番近いヨーロッパなはずの北欧も、なかなか遠い国なのですね・・・。
たいていの国は、日本からの直行便で行けると思っていた自分の認識の甘さを初めて知ったのでした。
ま、日本から一番近いヨーロッパっつーのも、今回北欧に行かなければ気づかなかったけどね。笑

そしてさらに、そのノルウェー青年の情報によると「北欧は夏がいいですよー」との事。
そうかー、冬は寒いもんなー。(当たり前!)
湖や緑がいっぱいの北欧の田舎の方はさぞかし綺麗だろうな〜と、コペンハーゲンに着く前に、すでに次の旅を妄想してポワンとなる私。アホか。笑
「ま、でも、冬でも、デンマークやスウェーデンの南の方は、そんなに寒くないですよ」と、またもや冬の北欧情報をゲット。
もう、ありがとう、ノルウェー青年!
君のおかげで、なんか色々勉強になったよ!

で、ノルウェー青年が日本語ペラペラなんで、おばちゃんが「日本語とてもお上手ね!」って言ってたら、どうやら、ノルウェーで勉強して、日本に数年住んで(確か秋田に住んでるって言ってたと思う)上達したそう。
「英語以外の言葉を勉強しようと思って、日本語を選択しました。だから僕、英語喋れないんです」
なんか、すごい選択だな。笑
普通、マイナーな日本語よりも、英語を勉強しそうなものなのにね。
でも、日本語、マジでうまかったので、相当勉強したんだろうなー。
なんか、偉いなーーー。
私なんて、英語もまともに喋れないのになー。
と、フライトの10時間、ずっと感心しっぱなしでございました。

そうこうしているうちに、定刻にコペンハーゲンのカストロップ空港に到着。
時間的には、まだ4時をまわったくらいの時間なのに、外はもう真っ暗!
北欧の日の短さを初めて体感。

そして、飛行機を降りてバゲッジ・クレームへと向かう途中に、なんと、セキュリティー・チェックが。
え?降りる時にもチェックがあるの?
ちょっと焦る。
いや、別に怪しい物を持ってるわけじゃないけど、フィルムがあるから・・・。
で、セキュリティーの人に「フィルム持ってるから、X線に通したくないんですけど。目で確認してちょーだい」って言ったら、そこのおばちゃんが「いや、そんなの全然大丈夫だから、持ってるもの全部ここを通して」って。
えーーーーー!マジ?なんか、アタシの英語がうまく伝わってない?と思って、もう一度「いや、だから、通したくないんだってば!」と。
でも「大丈夫だから、大丈夫だから!」って、もう早くしてちょうだい!くらいな雰囲気になってるんで、渋々荷物を機械に通す事に。
一応、X線防止の袋には入れてたけどさー、ISO800とかのフィルムもあるしさー、カメラにも、1本、素で入ってるフィルムがあるんですけどっ!
感光してたらどうすんねん!
・・・と、コペンハーゲン到着早々に、激しく凹む私。
出足からこんなで大丈夫なのかっ?この旅っっ???



ようやく次回から現地日記スタートです。(前置き長っっっ!笑)
つ・づ・く・・・

f0009909_18265363.jpg

↑すっかり日も暮れた、カストロップ空港。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++

もし、この日記を気に入って頂いてお一つポチッと押し頂ければ、大変嬉しゅうございます。

にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-24 19:25 | travel
f0009909_22221184.jpg

::::: 2005年12月13日 :::::

セキュリティーチェックはやっぱり時間かかりました。
フィルムをアルミホイルで包み、さらにX線セイフティーケースに入れていったのですが、フィルム1本1本チェックされました。
セキュリティーの人に「ホント、忙しいのにスミマセン!」と、ごめんなさいして、出国審査を済ませ、ゲートへ。

そういえば、セキュリティ・チェックの入り口の所に、機内に持ち込めない物の見本があったんですが・・・爪切りだの毛抜きだのがリストに入っていてちょっとウケたりして。
セキュリティーの人に「そんなに神経質なの?今?」って聞いたら「アメリカ行きの飛行機だけ持ち込み禁止で、北欧行きは全然大丈夫ですよ」って言われました。
なんだか、ものすごい神経質になってるんだね、アメリカ。
でも、爪切りとか毛抜きでハイジャックする奴がいたら、逆に英雄だと思うよ。
だって、爪切りや毛抜きじゃ「あいたたたたた、痛いってば、痛いってば〜!」程度じゃん。
「お前等、黙れ!動くな!」とか言いながら、犯人が爪切り握ってたら、アホじゃん。
『機長負傷!凶器は毛抜き!!髪の毛だけは勘弁して!と懇願!』
みたいなタイトルが新聞のトップを飾ったら、世界中が苦笑いだよね。

ま、そんなこんなで、搭乗案内とともに飛行機に乗り込み、離陸を待ちます。
乗客の80%くらいが外人さんで20%くらいが日本人でした。
なんだか北欧路線の日本人乗客は、めちゃめちゃオシャレでカッコイイぞ。ビックリ!

そして、定刻に飛行機は動き出します。
うん、北欧の人は時間にきっちりしてるらしいから、こういう時も定刻に出発なのね・・・。
飛行機は滑走路を目指して移動していきます。
私は右翼の根元の席だったのですが、建物に翼をぶつけないで陸を運転させるパイロットの車幅感覚ってスゴイよなーーって思ったりしました。
さらに、飛行機は陸路で滑走路を目指します。
陸路で滑走路を・・・・
陸路で・・・・
陸路・・・・
陸・・・・・
・・・・・・・・
ぅを〜〜〜いいっ!かれこれ30分くらい陸路ってるんですけど、この飛行機!
なになに?このまま陸路で北欧まで行くんかい?
私が心の中でツッコミ入れてみたら、周りの乗客も「あれ?なかなか飛ばないな?」って思ったらしく、ざわついてきました。
やっぱ、みんなも、そう思ったーっ?
滑走路の順番待ちで時間がかかってるってよりは、ゲートから滑走路までが、ウルトラ遠ーーーーーーい!スカンジナビア・エアライン!
さすがに、どん詰まりのゲートだっただけはあるな、と感心。

機内が「飛ばない」話題でざわついて来た頃に、飛行機はまた方向を変えます。
ようやく、飛行機がブオンとやる気モードになり、乗客の身体にGを感じるようになったところで、みんな一安心。
みるみる地上が遠のいて行きます。
そして、成田周辺って、畑が多い・・・つか、ほぼ畑なんだな〜と、窓の景色を見て思ったりします。
さあ、いざ行かん!憧れ(?)の、北欧の空へ!


すんません、思いの外長くなったので、後は、つ・づ・く・・・・
(なかなか現地につきません。笑)
f0009909_2222448.jpg


+++++++++++++++
追記・・・・
フィルムで撮った写真のCD-Rがあがってきたので、写真を後から足しました。
ちょっと光りがかぶって見えるのは、窓の反射のせいでございます。



にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-23 01:58 | travel

北欧旅行記(1)成田

f0009909_2220381.jpg

::::: 2005年12月13日 :::::

朝4時に起きて、6時頃には家を出発。
空港まで、電車で行こうか、バスで行こうか悩んだ末、バスを選択。
朝のラッシュ時に大きな荷物を抱えて、電車に乗る勇気はございませんでした。
6時50分町田発のバスに乗って、いざ成田へ!
バスに揺られる事小一時間・・・・道は混んでるみたい。で、窓の外の景色を見ると・・・・えーーーーーー!まだ地元じゃん!!ここまでなら、家から徒歩で20〜30分くらいのところじゃーん!とビックリ。
飛行機は12:30発。遅くとも、2時間前の10:30にはチェックインしなきゃいけないのに!こんなにスローペースで間に合うのかっ?
しかも、フィルム持ってるから、セキュリティー・チェックに時間がかかるんですけど、アタシ。
そんな乗客の不安をよそに、マイペースで走るバス。
でも、横浜新道に入ってからは、案外流れるようになって、首都高湾岸線は快調にドライブ。

湾岸線から見える景色は、いつも思うのだけど、なんか不思議。
走っても走っても、近代的なビルが途絶える事がないのは、ひょっとして日本だけじゃないのかしら?って思う。
ビル以外にも、色んな工業施設が目に入る。
朝陽を受け、銀色に輝く巨大な金属パイプ。何の工場かな?
赤白ボーダーの鉄塔。まだ苺の乗っていないケーキのような白いコンビナート。
巨大なオモチャがひしめき合うように建っている不思議な風景。
ホントに地球にとってはめいわくきわまりないこれらの工業施設。
地球に申し訳ないなーと思いつつも、美しいと思ったりして。
背徳の美だわ。笑
そんな風景を眺めていると、ソフィア・コッポラが、東京を舞台にした映画が撮りたくなった気持が、ほんのちょっとだけわかったような気がした。

そして、なんだかんだで、9時頃には成田に到着。
チェックインカウンターの場所を確認しなきゃと空港内をウロウロ。
スカンジナビア・エアラインのカウンターは、第2ターミナルの1番奥のどん詰まり!
第2ターミナルの停車場からバスを降りて、カウンターまで、ターミナルを突っ切る形。遠いっっっ!
そういや、ルフトハンザも奥だったぞ。
重たい荷物をゴロゴロころがして、とにかく場所だけチェック。
その後、ツアーカウンターにて、チケットを受け取らなきゃいけないので、そのカウンターを目指すも、時間が早すぎてまだオープンしてない!
ま、早く着く分には良いか・・・。先に現金を両替しよう。
で、両替窓口に。
デンマーク・クローネも、スウェーデン・クローナも思ったより高くてビックリ!
大体、1DKK(SEK) = \20 くらい。
しかも、トラベラーズ・チェックがなくて、現金のみしか扱ってないそう。
こりゃまた換金率が悪いよね。

両替しても、時間が余ってしまったので、はるえさんが言っていた、有料でインターネットが使えるってところを探して、ちょっとの間ネットに接続。

その後、ツアー・カウンターで、チケットを受け取り、無事チェックインも済ませ、それでもまだ時間があるので、上階のレストラン街で軽くお茶して暇を潰しました。
なーんか、起きてから飛行機乗るまで、よく考えたら、スゴイ時間がかかってるわ。
何もかも、成田が遠いせいなのよね・・・。

もう、いい加減ウダウダしてるのも飽きたので、早めにセキュリティー・チェックへ。
私の旅は、なかなか始まらないのでした。

次回へ、つ・づ・く・・・


++++++++++++++++++++++++++++

日記ブログ
にほんブログ村 日記ブログへ


北欧写真、アップし始めました。

スナップショッツ!
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-22 02:14 | travel

帰ってきました!

f0009909_2349382.jpg

コペンハーゲン&ストックホルムの旅から戻りました!
コペンハーゲンは、案外暖かくて、むしろ日本の方が寒いんじゃないか?ってほどでした。
でもストックホルムはハンパない寒さ!
冷蔵庫って言うよりは冷凍庫の中にいるみたいでした。
カメラのシャッターを切るため、右側だけ手袋を外すことが多かったんですが、なんと!右手だけしもやけになりました!
もうね、寒いっていうよりも、痛いの。顔とかが。
成田に着いた時に「わー!あったかい!」って思ったもの。笑

それにしても、北欧の夜は長い!
つか日が短い!
朝は9時くらいからようやく明るくなり、午後2時とか3時には、もう暗くなってしまうのです。
午後6時頃には、日本でいうところの9時くらいな気分になります。

写真は、コペンハーゲンのホテルの窓から撮った向かいのホテル。
これ撮ったのは朝の7時くらい。
まだ全然夜です。

そんなこんなの、北欧旅行記、フィルムの現像が上がり次第、時系列に沿ってお伝えいたしますね。
そんなわけで、こちらのブログはちょっと準備中・・・。
「スナップショッツ!」の方にちょこっと写真をアップしましたので、よろしければどうぞご覧下さいましー!
 ↓
スナップショッツ!
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-21 00:12 | travel

行ってきま〜す!

明日から一週間ほど旅に行ってきます。
短い旅だけど、面白いことがあるといいなー。
風の向くまま、気の向くまま(←天秤座のB型)の旅になるかと思いますが、帰ってきたら北欧レポしま〜す!
そんじゃーねー!
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-12 23:16 | travel

ありがたや、北欧情報。

f0009909_1451369.giff0009909_1452282.gifeasyさんから送られてきた「北欧資料」に目を通しています。
デンマーク語とスウェーデン語が書かれたページがめちゃ使える!
込み入った話を現地語で・・・なんて、どだい無理な話なので、ポイントだけ使えればいいな、と思っていたので、それがコンパクトにまとまってるので、ヒジョーに見やすいです。
私が買った「JTBの六カ国語会話・北欧編」・・・マジで使えません。
つか、見づらい。
レイアウトも見づらいんだけど、フォントも読みづらいんだよなー。
アルファベットの下に書いてあるカタカナも鬱陶しくて、さらに読みづらい。
困ったな〜、と思っていたところに、easyさん資料。
いや〜、まことにありがたや!
その他にもオシャレショップ情報などもあって、とっても god (ゴー)!
easyさん、mange tak!!!

・・・もしかして・・・スウェーデン語よりも、デンマーク語の方が、英語に近いから、日本人が学習するには、覚えやすいかも?とも思えてきました・・・。
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-11 02:11 | travel

寒いね。

f0009909_12324100.jpg

ここんところ、急に寒くなってきましたねー。
そういえば、今年もあとわずかね。
紅白に「グループ魂」が出るのよね。びっくりよね。
日本の多くの人が「誰?こいつら?」って、紅白観ながら思うんだろうね。笑
でも、楽しみだわ。
何かおかしいことやらかして欲しいなー。(切望)
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-09 12:38 | music

魔女の宅急便

北欧旅行前哨戦として、スウェーデンにあるガムラ・スタンという旧市街が「魔女の宅急便」の街のモデルになってるってことを知って、DVD借りて観てます。
最初、もちろん日本語で観たんですけど、英語音声も入ってたので、今、それを流しながらコレ書いてます。
日本語と英語と、色々状況が違くて面白い!
まず、英語のジジの声がオッサンだよー!
最初、誰の声かと思ったよ。
でも、オッサン声の方が面白いかもー。笑えるー!
そして、おソノさんと、キキが出会うシーン。
おソノさん、英語の方が丁寧な感じ。
トンボも、英語の声の方がキャラのイメージに近い気がします、個人的には。
キキの声、どっかで聴いた事あるんだよな・・・と思ってググってみたところ、キルスティン・ダンストがやってるらしいです。
でも、元の声にすごい似てる。
日本のアニメを英語吹き替えで観てみるのも面白いね。

あとね、キキが礼儀正しく挨拶する姿は、スウェーデンの映画で女の子達が「Tack(ありがとう)」って言って挨拶する仕草と同じでした。

魔女宅以外にも、ラッセ・ハルストレム監督の「やかまし村」シリーズを借りて観てます。(スウェーデン映画)
スウェーデン語ムズカシイ〜〜〜!
ほとんど聴き取れないよ!
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-07 18:08 | movie
f0009909_035995.jpg

先日、池袋に「ヘイフラワーとキルトシュー」を観に行った時に撮ったもの。
こういうイルミネーションのデザインを考える人も、この季節は色んな意味で勝負だね。
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-07 00:06 | small talk