「ほっ」と。キャンペーン

ただの日記でございます。管理人は、かなと申します。基本的にあまり大したことは書いてません。でも、たまーに面白い事も書くかも知れません。


by pore_pore_kana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2005年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

::::: 2005年12月15日 :::::
f0009909_19391862.jpg

夜中、窓の外が妙にうるさいなー、と思っていたらば・・・ものすごい雨、そして風!
げーーーっ!雨ですかーーー?
ああ、どうか朝までには上がってください!と、祈る思いで爆睡。
朝、目が覚めると、風はおさまっていましたが、ちょっと雨が。
今日は、行ってみたいと思っていたところがあったので、ちょっと不安に。
朝食を食べて、空の様子を見ながら支度をしていると、幸いにも雨は上がってくれました。
ラッキー!

そうそう、空港でセキュリティー・チェックで機械に通してしまったフィルムが大丈夫なのかどうなのか、確認のために現像に出してみよう。
駅の構内に、1 hour photo があることがわかったので、そちらでフィルムを出しつつでかけましょう、と、撮影済みフィルム2本も持って出かけました。

さて、その1 hour photo に行ってみたらば、お店の人は何かにかかりっきりになってるようで、お客さん(私の他にも一組いました)は完全に無視状態。
あれ?ひょっとしてまだ開店してないのかな?
ここで、ずーっと待ってるのもなんなんで、とりあえず、フィルムは後で出そうと、目的地に向かいました。

今日行こうと思っているのは、ドラオアという小さな町。
そこは、市が中世からの建物などを保存して、後生に伝えようと特別に指定した町で、家を建てるにも補修するにも、建材や色など細かく決まっているそうなのです。
なんだか魅力的。
場所は、カストロップ空港があるアーマー島という小さな島にあります。
ガイドブックには、カストロップ空港からバスで30分くらいとなっていたのですが・・・

f0009909_19404390.jpg

空港まで電車で行って、そこからバスに乗ることにしたのですが、バスの時刻表を見て、ちょっとびっくり。
1時間に1本?
えーーっ、市がそんなに力入れて保存しようとしてるんだったら、観光客とか行かないものなの?
ま、とりあえずバスを待つことに。
雨は上がったものの、空港に着いたら、ものっっっっっっっっっっっっっそい強風。
飛ばされそうなくらい強い風です。
コペンハーゲンに来て、初めて「寒いかも」と思ってみる。
でも、手袋さえしてれば、全然耐えられる寒さです。なんの、まだまだオッケーじゃん。
そして、バスを待つこと30分。
ようやく来たバスに揺られて、ドラオアへ向かいます。

バスに乗るときには、運転手さんに「ドラオアに行きたいのだけど」と前振りしておいたので、なんとかなるでしょ。
ガイドブックに「およそ30分」と書いてあったのですが、あれ?なんかもう40分以上も経ってるよ?
・・・と思っていたら、道路標識に「←コペンハーゲン」って書いてあるし、あれ?島一周しそうな雰囲気よ?
慌てて運転手さんに「あ、あのー、ドラオアって?」って再度聞いたら「もうとっくに過ぎたよ」って言われて次のバス停で降りて、引き返す事に。
あーー、そういえば、なにやら古い建物が並んでるところあったよなー。
運転手さんが途中で、もごもご言ってたのは、そのバス停だったんだー。もう、すごいうっかりしてたーー。(>_<)

しかし、折り返しのバスはどれに乗っていいのやら?
「××に乗っても行けます」ってガイドブックに書いてあった番号のバスが来たので、それに乗ることに。
乗る際に運転手さんに「ドラオア通りますか?」って聞くも。英語通じない人で「は?」ってリアクション。
ガイドブックに書いてある文字を見せても何だかよくわからない模様。
やばい!大ピーーンチ!
と思っていたら、私の後から乗ってきたおじさんが英語が話せて「ああ、ドラオア?オールド・タウンだろ?僕がわかるから、降りるとき教えてあげるね」って事になって、一安心。

そして、無事ドラオアに到着。
おじさんにたくさんお礼をして、バスを降りました。
あーーやっぱりーーー。このサイロみたいなのさっき見たんだよなーー、と、自分のうっかり具合を反省。↓
f0009909_19413825.jpg

さっきバスが海岸線を走っていた時、雨なのか、風が強すぎて海の水しぶきが飛んでくるのかわからないけど、フロントグラスのワイパーがワッシワッシと動いていたので、不安になったけど、私がドラオアに着いた途端、風はものすごく強いものの、雨だけは上がってくれていて、たまに晴れ間も!
行き過ぎて戻ってくる、その時間帯は曇っていたので、ロスした時間があったけど「ま、いっか」って気持ちになれました。

f0009909_19422163.jpg

この町がどんな感じなのか、まったく予備知識がないけど、ブラブラ歩いてみたら面白いかも、と、闇雲に散策してみることにしました。
それにしても、可愛い町ー!
中世の人達って、こんなに可愛い家に住んでたんだねー。
思った以上に、建物の色もキレイで、全然古い感じはしませんでした。

使ってるのか形だけなのかは不明ですが、小さい広場の真ん中に井戸水を汲むポンプもあったりして。
なんかいいぞー!
しかも、なんだか静かな町で、観光で来てるのなんて私だけなんじゃないだろうか?
もしかして、これは穴場なのか?

と、思いつつ、写真を撮りつつ町をさまようワタクシでありました。

つ・づ・く・・・・・・






++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-30 20:42 | travel
::::: 北欧赤ちゃん事情 :::::
f0009909_2372837.jpg

えっと、正直なところ、北欧の出生率がどうとか、そういうのは全くわかりませんが、街を歩いていて、とにかく目立ったのが乳母車。
もしかして、今、北欧はベビーブームなのかしら?
しかも、この乳母車を見て、すぐに頭に浮かんだのが『ローズマリーの赤ちゃん』!!
きゃーーー、ビミョーに恐いーーー!!

スウェーデンでは、あんまり電車に乗る機会がなかったんですが、デンマークでは、乳母車や自転車と一緒に乗れる車両があって、乳母車を押すお母さん達にとっては、すごく便利なんじゃないかと思いました。

あとね、乳母車に寝袋みたいなカバーが着いてて、赤ちゃんが寒くないようになってるのです。

それと、北欧は、日本の何百倍も「男女平等」が定着しているようで、お父さん一人で乳母車を押してたり、っていう状況を良く目にしました。
マジで、お母さん&乳母車、と、お父さん&乳母車の割合が、50%50%です。

税金もめちゃめちゃ高いから、社会福祉制度も充実してるんだろうとは思いますが・・・。
男性の育児休暇も常識のようです。
日本は「少子化、少子化」言って騒いでるだけで、何もしてないもんね、社会全体が。

f0009909_23242424.jpg

でも、やっぱ、恐いんですけど、この形・・・。(アタシだけ???)







すいません、ちょっと今日はビミョーに忙しくて、旅行記、こんなのしか出来ませんでした。
また、手が空いたら、ガンガン更新するんで、ヨロシク!


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-29 23:34 | travel
::::: 2005年12月14日 :::::
f0009909_951522.jpg

えへっ。また来ちゃいましたチボリ。
前日はフィルムで写真撮ってたんですが、暗いしなー、と思って、デジカメで撮りたかったので、デジカメ担いでやってきました。

さて、チボリの中には・・・

f0009909_952410.jpg

スワロフスキーのお店から

f0009909_9522111.jpg

こんな射的まで
幅広いジャンルのお店がたくさんあります。
・・・それにしても、この射的場の景品が・・・ものっそいビミョーで「えー、いらないよー」って感じのばっかりだったんですが、なんだか、子供も大人も盛り上がっていました。

f0009909_9532196.jpg

そして、こんな感じのカフェやら

f0009909_101259.jpg

こんな感じのレストランまで、ホントに盛りだくさん!

f0009909_9574733.jpg

そして、やはり人気だったのは、ホットドッグなどの、ちょっとした食べ物を売ってるお店。
小腹がすいたら、こういうのを食べて、また元気に園内をまわる・・・って感じなんでしょうかね。

で、ちょっと気になってたのが、このおじさん。
f0009909_958667.jpg

他のお店にはお客さんがくるんだけど、なんか暇そうで、「ソーセージいらんかね」みたいな事を言ってるんだけど、みんなスルー。
わー、大丈夫なのーーー??と思いつつ、ワタシもスルーしてたんですが、あたりを散策して戻ってきたら、お客さんが何か買ってたので、「おじさん、やったね!」って、こっちが嬉しくなったのでした。
ソーセージ買ってあげたかったけど、持って帰れないし・・・ね・・・。

そして、今回のベスト・パフォーマンス・イン・チボリはこの女の子!
f0009909_9582988.jpg

お店の前で、ちいさなカップに入れたグルッグを、道行く人に試飲させていたのです。
通りがかったワタシに「グルッグって知ってますか?」とか言いながら勧めてきたので、試飲させてもらうことに。
「うちのは特別なんです!」って、一生懸命で可愛かったし、値段も他の店よりも安かったので、1杯頂くことに。
で、1枚写真を撮らせてもらいました。
あー、目ぇつぶっちゃったのねー。

f0009909_103074.jpg

そんなこんなで、チボリの夜は更けてゆくのでございました・・・


つ・づ・く・・・



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-29 10:41 | travel
::::: 2005年12月14日 :::::
f0009909_2253385.jpg

フレデリクスボー城からコペンハーゲンに戻り、中央駅のキオスクでリンゴと洋ナシを購入。
それと、デンマークといえば、デニッシュでしょう、っつーことでデニッシュを買って、一端ホテルに戻りお昼ご飯。
えっと・・・デニッシュは、日本の方が全然おいしいです・・・。笑
なんだか、本場のは少し油っぽいのね、パンがね。
あと、チョコレートがかかってるように見えるのは、チョコじゃなくて、チョコ色のなんか違う味がしました。
チョコ好きのワタシとしては、ちょっとショック!
でも、洋ナシは、ラ・フランスの方がもちろんおいしいんだけど、ちょっと歯ごたえがあって、これはこれでイケルなーと思いました。(←洋ナシ好きなんで)

ま、とりあえず、お腹もいっぱいになったので、街を散策することに。
中央駅を越えて、チボリ公園の横を通って、なんとなーく歩いていくと、なんだか人がたくさん。
中央駅周辺は地味なのに、コペンハーゲンの一番栄えてるところはここなのねー、と実感。
ストロイエ地区といって、とっても賑やかなお買い物スポット。
クリスマスのショッピングで、人がたくさん出てました。
市庁舎前の広場には、デーーンと大きいツリーと、クリスマス用に飾り付けられた消防車(なぜ消防車なのかは謎)と、こんな汽車までもが!
いやー、なんかみんな、盛り上がってるなー。

f0009909_226645.jpg

そして、コペンハーゲンに来てから、「この街ってば、なんだかとってもイイ香りがするんですけど」って思っていたのですが、そのにおいの元がコレ。
「マンデル」と言って、アーモンドをキャンディーでコーティングしたお菓子なんですが、甘栗的な釜っつーか鍋みたいなので、ザクザクかき回しながら作っています。
これがプ〜〜ンと甘い香りで、かなり魅力的。
この時は買わなかったけど、後で食べてみたけど、なかなかおいしかったですよ。

f0009909_2263048.jpg

市庁舎前の広場を通り過ぎて、色々なお店が立ち並ぶエリアに。
とりあえず、街中をうろうろするにとどまり、お店の中は見なかったなー。
なんか、お買い物モードじゃなかったので・・・。

f0009909_2264923.jpg

しばらく歩いていると、どこからともなく歌声が聞こえてきました。
色んな曲を歌って、お金を集めていました。
何かのボランティアか何かなのかなー?
良くわからなかったのですが、写真を撮らせてもらおうかなと思ったので、財布の中にあった小銭をチャリーン。

f0009909_2271860.jpg

さらに、どんどこ歩いていくと、頭上からチラホラと白いものが降ってきました。
見上げると、巨大なサンタクロースの飾り付けがされてるではありませんか。
デカ!
そして、ここにも銅像が。
サンタを眺めている感じが面白かったなー。
そういえば、その白いチラホラしたものは、最初、雪かと思ったのですが、このサンタの飾り付けのどこからか降ってきているものと判明。

f0009909_2235567.jpg

デンマーク・デザインセンターに行きたかったんだけど、見つからず・・・。
おかしいなー、地図通りに来たはずなんだけどなーーー。
意外と方向音痴なのかしら?ワタシ?
うーん、そろそろ薄暗くなってきたしなー、デザイン・センターも閉まっちゃうのかなー?と、今日のところはギブアップ。
じゃ、そろそろホテル方面に戻ろうかな?と歩いていると、こんなポスターを発見。

f0009909_22412382.jpg

デンマーク出身のMEWだけど、今はロンドンに住んでいて、本国での人気はどうなんでしょう?と思っていたら、こんなところにポスターが。
そういえば、こちらに来てから、あんまりこういうポスターが貼られているのを見た事がなかったので、なんだかビミョーに新鮮でした。


そして、夜は、またもやチボリに・・・(え?)
どんどこ続きます・・・





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-28 22:51 | travel
::::: 2005年12月14日 :::::
f0009909_18242047.jpg

子供たちは、いくつかのグループに分かれて、鳥に餌をあげています。
なんとなーく男女に分かれてるあたり、日本の子供とかわらない感じ。
その中でも、なんか、ものっそいムキになって鳥に餌をやってる子がいたんですが。
思い切って「何やってるの?」って聞いてみるも、彼女らは全く英語はわからず。
ほとんどの大人は英語が喋れるのに、まだこのくらいの年の子達は英語を習っていない様子。
しまった!こっちはデンマーク語が全くわかんないや!
とりあえず、身振り手振りでコミュニケーションしてみたんですけど。
「I'm from Japan.」とか言っても、「??????」な子供達。
マジで通じねえ!
日本て、デンマーク語で何て言ったっけ?んーと、んーと・・・
ひねり出した言葉は「ヤパンスク」。後で調べたら、日本は「ヤーパン」、日本人は「ヤパンスケ」で、ぶっちゃけ間違ってたんですが、どうやら子供達は「へー、そうなんだー」って雰囲気に。
で、「My name is Kana.」って自分を指さして言ってみたら、その英語だけはわかる子がいて、その子も「My name is XXXX(ごめん名前忘れた。汗)」って教えてくれました。
とりあえず、言葉は通じないんだけど「餌やってんだよ、こんな感じで」とか、囓ったニンジンをガンガン鳥にあげる子供達。
パンとかじゃないのね。
鳥(ここでは、鴨とカモメですが)ってニンジン食べるんだ。知らなかったよ。

f0009909_18243278.jpg

そして、「写真を撮ってあげるよ」って言ったら、カメラに収まってくれた少女達。
最近の日本だったら、アタシみたいな見知らぬ人が話しかけたら、警戒モードになるんだろうけど、デンマークの子供達は、伸び伸びと素直に育ってるようです。

そうこうしてるうちに時間が経ったので、子供達と別れて先に進むことに。
みんな手を振って「ハイハ〜イ!(Hej hej)」って。
ちなみに「バイバイ」って感じの意味です。
う〜ん、可愛かったなー子供達。
なんだか癒された感じです。

・・・と、癒されるもつかの間・・・フィルムが終わったので交換って時に、またもややってはいけない事をしてしまったワタシ!
そう、巻き戻す前に裏蓋パッカーンと開けてしまいました!
げげげっ!!またやってもうた!
ブリトニー・スピアーズ風に言うと「Oops!... I did it again!」です。(ブリトニー、あんまり関係ないけど)
うほーーー、さっき撮ったあの子達の写真が入ってるフィルムなのにーーー。涙
と、かなり凹みモード。
現像してみたら、ちゃんと写ってて、まあ良かったんですけど、その時はやはりショック!!
撮ったお城もこの通り。↓ 右側に赤い光が・・・。

f0009909_1824505.jpg

もう、アホだな、ワタシ。
「でも、大丈夫!きっとこないだの城ヶ島みたいに、生きてるコマもあるはず!」と気持ちを切り替えて、前向きに前進。

湖をほぼ半周したら、こんな看板が。↓

f0009909_18252645.jpg

後から調べたら、フランスの庭園を参考にして造った「バロック・ガーデン」だそう。
まず、目に飛び込んで来たのが、面白い形をした木。
これは、「スナップショッツ!」でご紹介するとして・・・
その変な形の木につられるように、しかも、入り口の門が開いてたんでするする〜っと庭の中に。
そこは、なにやらキッチリ作り込まれた庭園でした。

f0009909_18254738.jpg

キッチリ、キッチリ!
それにしても、この迷路のような木の刈り方すごいよね。
今は冬だからサッパリした感じだけど、春とか夏はもっと違うんだろうね。

そして、湖を一回りして、ようやくお城の近くにやってきました。
中も見学できたんだけど、お昼頃なのに、天気も悪いし、すぐに暗くなっちゃいそうなので、見学はパス。
中庭をつるっと見て、フレデリクスボー城を後にすることに。

北欧に限らず、ヨーロッパってみんなそうなのかも知れないけど、とにかくどこに行っても銅像が。
石を投げれば銅像に当たる、くらいの勢いで存在してました。
例に漏れずここにもありましたよ。
誰のだかわかんないけど、たぶんこのお城関係の人なんじゃないかな?
見た感じ「イェ〜〜〜〜イ!」ってポーズがツボだったので、1枚撮らせていただきましたよ。イェ〜〜〜イ!

f0009909_1826813.jpg



良く考えたら、観光らしい観光をしてる気があんまりしないのですが・・・
それでも、まだまだ、旅は続きます・・・





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-28 19:36 | travel
f0009909_11394169.jpg

さあ、ヒレロズの駅に着きました。
ここから歩いて15分ほどのところに「フレデリクスボー城」があるらしいんだけど、15分も歩いたら、絶対迷うので、バスに乗ることに。
駅を出てすぐのところに、バスターミナルがあります。(小さいけど)
ガイドブックに載ってたバスの番号を確認して、そのバスの運転手さんに、このバスで行けるかどうか聞いてみたところ、「あ、これは行かないから、こっちのバスに乗って」って言われたのでその通りに。
どうやら、その運転手さんは、交代で、バスを乗り換えて運転するらしい。
そのバスに乗り込んだはいいが、バス停の名前まではガイドブックに書いてないんだよなー。
ヤバ!どこで降りるの?アタシ?汗
まあ、お城っぽいのが見えてきたらテキトーに降りよう。
と思っていたら・・・
降りるバス停に着いたら、バスの運転手さんがバス停の名前をアナウンスしてくれて(通常バスは無言で走り、自分の降りたい停留所の前でブザーを押すシステム)しかも、運転席から腕を伸ばして、「ここのバス停だよ!」って指さしてくれました。
すげー親切だよ!
「Thank you ! Tak !!」と、バスを降りる時に英語とデンマーク語でお礼を言ってみました。

f0009909_1204836.jpg

このお城周辺は、観光地らしく、いろんなお店が建ち並ぶ小さな町になっていました。
まだ早いのか、開いてるお店はポツポツ。
そこで、買い物中のご主人を待つワンコを発見。
かわいかったのでパチリ。
なでても噛んだりはしないけど、どうやらこの耳は、ご主人様ーーどこーー?って耳なのかなー??ずっと上の空でした。

f0009909_1235780.jpg

ちょっと歩くと、広い場所があって、そこから湖の向こうのお城を見る事ができます。
あいにく曇り空なので、ちょっと暗い感じですが、その暗さが冬の北欧っぽくていいのか?と思ったり。
その湖の手前の岸で、木の枝を伐採してる人たちがいました。
「なんで木を切ってるの?」って尋ねたところ、
「観光客が、お城が良く見えるように切ってるんだよ」とのこと。
へーーー、そうなんだー。
そんなことを話していると、湖の周りの小径をウイ〜〜〜ンと走る作業車が。
どうやら、歩道に落ちている落ち葉を清掃している模様。
確かに、ゴミひとつ落ちてない。
さすが観光地、環境整備に気合い入ってます。
その落ち葉清掃車はこれ。古いお城とはミスマッチですが、ちょっと可愛いです。↓

f0009909_1220223.jpg

清掃車も行ったところで、お城の写真を何枚か撮っていると、湖の一角に、やたらと鳥が集まってるところを発見!

f0009909_12254492.jpg

小学生くらいだと思うのですが、このお城に着いた時に、先生に引率されて一列になって歩いてた子達がいたのですが、どうやらその子達が食べ物をあげているみたい。
何かを観察してるわけでもなく、なんだか自由に遊んでます。
鳥たちも、餌くれーーー!って感じで大集合。
よく見ると、鴨だのカモメだの、色んな種類の鳥が。
そういえば、この緑色の頭の鴨って、実際に見るの初めてカモ。(シャレじゃないですよ!笑)

f0009909_12355878.jpg

なんかだか、湖畔を歩くのも気持ち良さそうなので、その子供達のいるあたりをまわって、湖を一週してみようと思いました。


まだまだ続きます・・・。(長いよ!って?笑)





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-28 12:42 | travel
::::: 2005年12月14日 :::::
f0009909_2395186.jpg

旅の疲れもあり、前日は思いっきり小学生時間に寝てしまったため、朝は6時頃起床。
いい方向に時差ボケでナイス、アタシ。
実は、目覚まし時計を忘れて来た事には、成田で気づいたのですが、ま、ホテルには、モーニングコールとかあるし・・・なーーんてのは甘い考えでした。
ホテルには、時計はおろか、電話はあるものの、フロントが何番なのか、ルームサービスが何番なのかっつー、ホテルの案内すらなく、軽く途方にくれましたが・・・そうだ!アタシ、携帯を持ってるじゃないの。落として割れてるけど。
と、寝る前に、日本との時差を計算して、携帯のアラームをセットしておいたのです。
でも、それより早く起きちゃった。てへ。

朝食は、7時から1階のレストランが開くので、それまで暖かいシャワーを浴びーの、化粧をしーの、持っていくフィルムを整理しーの、ってのをだらだらやってたら、7時半になってしまいました。
でも、外はまだ真っ暗。
暗ーーーーい。
想像はしてたけど、暗ーーーーい、北欧の朝。

朝食はバイキング形式で、食堂の真ん中に大きなテーブルがあって、そこに何種類ものパンやら、デニッシュやら、ヨーグルトやら、ハムやらチーズやら、フルーツやら、あんまり種類はないけど野菜やらが、どーーーーん!と置いてあって、いったい何からどうやって食べていいものか迷ったりして。
パンの入ってる籠の隣に、刃渡り20センチほどのパン切りナイフが置いてあるんですが、何に使うのかわからず。
そして、お皿に、チーズとハムと、なんやらパテっぽいものをちょっとずつ載っけてみる。
パンは1個。
食後にデニッシュ食べたいからお腹取っておかなきゃ!
ハムはまあ想像通りにおいしかったのですが、レバーのパテが超ウマーーー!
チーズもウマーーーー!
野菜にドレッシングなかったんだけど、なんでかな?
でも、野菜もおいしかったです。

で、先ほど疑問に思っていた、刃渡り20センチほどのパン切りナイフ!
とあるご老人が、丸いパンをギーコギーコ切ってまして。
それにハムやらチーズやらを挟んで、サンドウィッチにしてました。
そっかー、そのためにあるんか、あの刃渡り・・・(以下略)は。
でも、食パンもあったからさー。丸いパンを切るとは思わなかったぜい。
ちょっぴり学習。
あ、食パンの隣にトースターも置いてあって、トーストも出来るんだよ!
なんか、ものっそい豪華な朝食でびっくりしました。

以前、サンフランシスコのホテルに泊まった時は、朝食っていったら、マジでパンとコーヒーまたは紅茶のみ!だったからさ、そんぐらいのもんかと思っていたので、デンマークのホテルの朝食の種類の多さにちょっとひるんだよ。(なぜひるむ?アタシ?)
そういえば、北欧は「バイキング」発祥の地。
バイキング料理も、北欧が元なんだよね。
それでなのかも。

朝食の写真も撮りたかったけど、他のお客さんの迷惑になっちゃいけないと思ったので、撮影は控えました。そんなわけで画像なしです。すんません。

なんだかんだで、お腹がいっぱいになり(レバーパテうまー!とおかわりしたため。笑)デニッシュまで食べれなかったのが悔やまれましたが、お部屋に戻ってお出かけの準備。
せっかくヨーロッパに来たんだから、お城のひとつは見ておこうと思ったのですが、いかんせんお城がいっぱいあって、いったいどのお城を見ればいいのやら・・・?
地球の歩き方をパラパラ見ながら、湖の畔にある「フレデリクスボー城」に行ってみよっかなー、と軽く思ってみる。
それは、コペンハーゲンからヒレロズ行きの電車に乗って終点まで。およそ40分くらいのところにあります。
で、その終点のヒレロズ駅から、ローカル線に乗り換えて行くと「フリーデンスボー城」というお城があるようす。
とりあえず、「フレデリクスボー」メインで、時間があったら「フリーデンスボー」も行ってみるという予定で行こうと。
つか、名前がこんがらがって、覚えられない。
今、ガイドブック読みながら書いてるからいいけどさー、そのときは名前が正確にわかんなかったもん。結構テキトーです。

f0009909_2233349.jpg

あれこれプランを練って、さあ出発!
時間は9時になりました。
部屋を出て廊下を歩いていると、廊下から外に出られるドアを発見。(ちなみに私が泊まっていたのは4階、ちなみにグランドフロアは階に数えないため、実質日本でいうところの5階)
そこから、コペンハーゲン中央駅が見下ろせます。
まだ、薄暗い空に向かって、バタバタ〜〜〜と飛び立つたくさんの鳥。
一瞬ハトかな?って思ったけど、なんか違うぞ。
よーーく見ると、それはカモメでした。
フツー駅とか広場とか公園とか言ったら、ハトがいそうなものですが・・・ここでは、カモメがメイン。
コペンハーゲンはドイツと隣接している半島&いくつかの島から成り立っていて、コペンハーゲンがあるのは、シェラン島という小さな島なのです。
周りが海に囲まれているので、どうやらカモメが幅をきかせてる模様。
でも、なんか、いい感じよ。駅にカモメなんて。
おうっ、これは写真に撮っておこう!と、鞄からカメラを取り出してる間に、たくさんいたカモメは遠い空に。涙
ようやく、ファインダーに一羽納まってくれました。
つか、早いよ、カモメ。
君たちはみんなジョナサンのように、スピードにこだわっているのかっ???(←すんません、実はちゃんと読んでません、カモメのジョナサン)
Jonathan.....デンマーク風に読んだら「ヨナサン」になるのかなー?って、しょうもないことを考えながら、ホテルを後にする私。
なんだか、薄暗いぞー!コペンハーゲン!

f0009909_23141033.jpg

駅に着いたは良いのですが、そのヒレロズとやらに行く電車は何番線から出るのかな?と駅をうろうろ。
デンマークの駅にはこういうモニターがホームの入り口とホームにあって、どこ行きの電車が何番線に何分後に来る、と表示されます。
でも、終着駅しか表示がないので、自分の降りたい駅が、どこ行きの電車なのかというのを把握する必要があります。
最初は鉄道路線図を見て、この駅は何行きのに乗らなきゃー、ってやってたんですが、慣れてくると、このモニターがとても便利に思えます。
まだ、この段階では、慣れてないので、駅の名前読むだけで、もういっぱいいっぱい。
oに/、とか、a に ゜とか、aとeがくっついた発音記号みたいな文字とか、もうね、どう読んでいいかわからないから・・・。泣
とりあえず、ヒレロズ行きの電車が来たので、乗り込みます。

窓の外から景色を眺めていると、頭の中では「世界の車窓から」のテーマ曲が♪
流れる景色を見ていると、ホントにデンマークのお家ってかわいらしいわー、と思います。
お天気は良くなかったけど、そんな窓の景色を楽しみつつ、向かいの座席に座ったキャメロン・ディアス似のおねーちゃんがかわいいなーとか思いつつ、列車はヒレロズに向かうのでした。(まだ、テーマ曲鳴ってます。)

f0009909_23281298.jpg


まだまだ、旅は続きます・・・・・・。




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押してみてください。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-27 23:52 | travel
::::: デンマークTV事情 :::::
f0009909_1444230.jpg

ホテルに着いて、チボリに行くまでの間、とりあえずテレビをつけてみました。
ちょうどやってたのが、昔にタイムスリップしただかなんだかで、「ロード・オブ・ザ・リング」みたいな状況の中、色んな事に巻き込まれるんだかなんだかで、それをどうにかするっつー、デンマーク語でやってたので、よくわかんないけど、そういうレジェンド系の、ヤングなラブストーリーも絡みーの、っつードラマ。
日本にはないタイプのドラマです。
で、ドラマの最後には、↑この、主役の男の子が、急に歌い始めて、プロモーションビデオなノリになっていくんです。
その、ストーリーよりも激しい急展開に、ひとりバカウケ!
思わず、大慌てでデジカメを取り出して、テレビ画面を撮っちゃったもの。

そんで、チャンネルをいじってあちこち見てたら・・・
なななんとー!日本のアニメが!
まあ、ポケモンあたりだったら、アリかな?って思うけど(後日、ポケモンもやってるのを確認しました)ちょうどそのときやってたのが、「クレヨンしんちゃん」で、本気で驚く。
もちろんデンマーク語で、しかも、しんちゃんの声はオッサンの声なんですが。笑
それにしても、日本語で見てても、かーなーりビミョーなネタなのですが、そのビミョーなネタが、デンマークのみなさんにわかるのか???
と、思いつつ、いったいどんな訳になってるのか、デンマーク語を理解できないので、わからなかったのですが。
これは、是非とも、デンマークのちびっ子達に、おもしろいのかどうなのか、聞いてみたいところです。

f0009909_14441223.jpg


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-27 15:15 | travel
::::: 200年12月13日 :::::
f0009909_1749362.jpg

コペンハーゲン到着が夕方だったので、街中を観光するのは無理かな?と思っていてたのですが、ホテルから歩いていけるところに、チボリ公園というのがって、夜遅くまで開いている事が事前にわかっていたため、出発前から、着いた日にはチボリ見学!と決めていました。
どうやら、デンマークって、お店早い時間に閉まっちゃうらしいんだよね。
で、土日も休みのところが多いらしいので、平日、デンマークで過ごせるように予定を組んでいたのでした。
そんなわけで、とりあえず、チボリ公園に行ってみることに。

このチボリ公園っつーのは、日本でいうところの「花やしき」くらい(もっとか?)古いアミューズメントパークで、その昔、ウォルト・ディズニーがそこを訪れた時に、「これはイケル!」って言ったかどうかは知らないけど、とにかく、パクったらしいという話。
で、この公園、基本的には夏の間だけのオープンで、冬は閉まってるらしいのですが、この時期、クリスマス・マーケットが開催されるということで、開いてるのです。
しかも、来るときに空港で買った「コペンハーゲンカード」があれば、無料で入場できるとなれば、行くでしょ?やっぱ。笑

f0009909_17502015.jpg

中央駅を通り過ぎて、チボリ公園はすぐ目の前!
なんつったって、もうキラッキラしてるから、否が応でもわかるってもんです。
園内のイルミネーションも、もう半端なくキラッキラしてて、まるで、おとぎの国のよう!
人もたくさん出てて、ものすごい賑わってました。
でも、すごく明るいって訳じゃなくて、乗り物なんかは暗くて「何やってんの?」っていう印象。
子供たちのキャーーー!っていう叫び声で、それが何かのアトラクションなのだな、とわかる感じ。
でも、やっぱりイルミネーションはすっごく綺麗にキラッキラしてるの。
このコントラストは日本にはないかも。
日本だと、明るいところは全体的に明るいから、ベターっとした感じになるのかなー?
写真を撮っても、イルミネーション以外のビルとかなんかそういうよけいなものも明るく写り込んで、実は案外ビミョーな感じになっちゃうけど、チボリで撮ってる時は、そういう写り込みを気にしてアングルを探す苦労がなかったわ。

f0009909_18164885.jpg

園内をフラフラしてると、ベンチがぐるぐるまわりながらうっきゃー!っていう乗り物を発見!(すんません、ボキャブラリーが・・・)
これこれ!こんな感じ!こういうのを見たかったのよ!っていうデザインで、もう、長旅の疲れも忘れて、ひとりでハイテンションに。
・・・乗りはしませんでしたけどね。怖いし。
「スナップショッツ!」の方にも、これの別バージョンの写真乗せちゃってちょいカブってるんですけど、ま、いっか。

f0009909_18231463.jpg

その、ベンチがぐるぐる回りながら(以下省略)の先にはメリーゴーランドがあって、それもキレイでした。
このキリンさんが個人的にお気に入りなので、この写真も載っけちゃいます。
うほー、データ重くなってすいませんねー。笑
これら以外にも、ローラーコースターだの、タワーの上からブワンブワンと降りて来る怖いのとか(またもやボキャブラリーが・・・)トロッコみたいなのとか、色々ありました。
ひとつ、ヒジョーに珍しかったのが、タワーにつるされた二人がけのベンチが上に行ったり下に行ったりする乗り物(すんませんボキャ・・・略)があったんですけど、暗いから最初気づかなかったけど、よーく見てみると、己の力で綱を引っ張り登っていくというシステム。
なーんか、動きがビミョーだなーと思ってたんですが・・・みんなえっちらおっちら全力で綱を引っ張ってました。
これはなかなか疲れる乗り物じゃー。

f0009909_17505120.jpg

これは、クリスマス・マーケットのお店。
これ以外にもたーーーーくさんのお店が出てて、それを見てまわるだけでも楽しいです。
そんなにすごいものは売ってないけどね。
でも、雰囲気がすごくいいんだなー。
たいしたものは売ってないんだけどね。(ちょっと強調。笑)
しかも、びっくりするほど高かったりするんだけどね。笑
でも、雰囲気に飲まれて、みんな買っちゃうんだなー、きっと。

f0009909_17511268.jpg

そして、チボリに来てから、ずーーーっと「なんか良いにおいがするー」と思ってたんですが、ポップコーンやら、ホットドッグやら、そういう楽しげな食品臭に混じって、ほんのりと大人の香りが。
そうそう!グルッグ!
スパイスとお砂糖を入れたホットワインなんですが、これ、コペンに来る前から興味津々で、来たら絶対飲むぞ!しかも屋外で!って思ってたんですよ。
こういうヴェンダーで売られてるのです。
早速トライ!
お味のほうは・・・ん〜〜寒いところで飲むと身体が暖まっていいね〜〜。
だから、お味はっ???
えっと、なんか、身体にいい感じの味でした。
でもこれアレンジしたら、結構おいしくなるかも、と、オリジナルレシピで作ってみよう!と、心に誓ったのでした。誓うほどでもないですけどね。笑

そんなに、すごく寒くはなかったけど、グルッグも飲んで、チボリも一通り見たので、ホテルに戻ろうかなー?
お腹がちょっとすいてきたので、チボリでホットドッグを買ってみました。
なんか、このへんのホットドッグって、今まで見たことないスタイル。(アタイだけか?)
長細いパンがソーセージの太さにくりぬいてあって、まず、そのパンの穴の中にケチャップとマスタードを先に入れるの。
そんで、その後から、穴にジャストサイズのソーセージを入れるのですが、中に入ってたケチャップやらがブチューってまんべんなくパンとソーセージの隙間に広がるっていう仕組みになってておもしろい。
お風呂にお相撲さんが入ったら、お湯がジャバーーって外にこぼれる、みたいな感じ。(ホントすいません、ボキャブラリーが・・・)
なんだか、外で食べると、服汚しそうだったので、ホテルに持ち帰って、そのホットドッグを頂きました。
うまかったです。

帰りは入ったのと違う出口から出てしまい、若干道に迷いましたが、信号待ちしてる優しそうなおじさん捕まえて、中央駅までの行き方を聞いたりして。
でも、親切に教えてくれました。
つか、英語で聞いても、全員わかるぞ!すごいぞ!デンマーク!マジで、みんな英語喋れる!
そんな驚きもあった、デンマーク初日でございました。


は〜〜〜長かったけど、最後まで読んでくれて、ありがとう!
書いてる方も疲れたぜぃ。
しかし、まだまだ旅は続きます・・・。


にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-26 19:04 | travel
f0009909_19312891.jpg

::::: 2005年12月13日 :::::

コペンハーゲン・カストロップ空港からコペンハーゲン中央駅までは、デンマーク国鉄(DSB)で13分、市バスで30〜40分で、共に料金は25.5DKK。
同じ料金なら、時間のかからない国鉄を選ぶでしょう、やっぱ。
飛行機の中で「地球の歩き方・北欧編」を細切れにして持っていったやつ(デンマークとスウェーデンのところだけ切り取って持っていったのです。だって、本て重いんだもの)で確認したら、コペンハーゲン・カードが72時間使えるもので429DKK、これを持ってると、鉄道やバスが乗り放題の上、主な観光施設にタダで入場できるというので、空港のインフォメーションセンターで早速購入。
これで、コペンハーゲン滞在中はこのカード一枚で色んなところにいけるぞー!

空港の到着ロビーから、鉄道はすごくわかりやすくて便利。
とはいえ、初コペンな私は、一応、鉄道のチケット売り場で、コペンハーゲン中央駅までの行き方を聞いて、コペンハーゲン・カードが使えるかどうかもチェック。
駅員さんは、親切に、次の電車は何番線から出るから、って事も教えてくれました。
で、ホームに着くと、出発前の電車が停車中。
ちょうど車掌さんがホームにいたので、そこでも「これは中央駅に行くのか?」と確認。
しつこいか?自分?とも思ったけど・・・だってー、間違って乗ったら、自分ではフォローのしようがないものー。

ここで、またもや、豆知識。
デンマークの駅には、改札がなくて、いきなりホームに入れます。
改札なかったら、キセルやり放題じゃん?と思うけど、見つかったら、500DKKの罰金が科せられます。
さすがに、混雑時には回ってこないけど、空港からの電車では、車掌さんがチケットをチェックして回ってました。

そうそう・・・飛行機に乗ってる最中から気になっていたんですが・・・
・・・なんだか暑い・・・
北欧 = 極寒のイメージだったので、ジーンズの下にはタイツ&ウールのハイソックス(手荷物にもう一枚靴下を仕込んでおきました)あったかババシャツの上に薄手のウールのハイネックセーター、さらに、その上に厚手のセーター、そして、以前、真冬のJリーグ観戦にも耐えたという手持ちのものの中では一番厚くて重たいウールのコート、さらに、ニットのキャスケット、さらに、マフラー&手袋と、重装備で望んだのですが・・・気温は東京とそんなにかわらない感じで、とにかく暑い!!
電車の中も暖かいしで、一人熱帯状態。汗たら〜ん。
でも、脱ぐと荷物になるので、ちょっとの時間だから我慢我慢!(さすがに、手袋とマフラーははずしましたよ)

デンマークの鉄道の席は、だいたいが向かい合わせに座る(新幹線とかである状況)タイプの座席で、普通の電車でも、なんだか、妙に旅気分。
実際、私は旅人ですけど。笑

そして、ホームにある駅名表記はデンマーク語でしか表示されていないので、ちょっと緊張!
・・・よ、読めないじゃん!
そんなこともあろうかと、空港から何番目の駅なのかだけは覚えていたので、一つ駅に停車するたびに、指を折って数を数える私。(アホ丸出し!)

ふと座席の横、窓の下を見ると、ビニール袋が何枚も用意されています。
え?ゲロ袋?これは何?と不思議がってるうちに、電車はコペンハーゲン中央駅に到着。
重たい荷物をよっこらしょとホームに下ろして、ガラガラ転がし、ホテルを目指します。

コペンハーゲン中央駅は、おそらくデンマーク最大の駅なのではないかと思われるのですが・・・ホームもたくさんあるし、たいていの電車は、この駅に乗り入れています・・・あれ、そんなにすごくない・・・?(ま、大きいっちゃ大きいけど・・・)
でも、シンプルな設計になっているので、中央出口まで(若干迷いましたが)わりとすんなり出られました。
駅の外に出てみると、ガラーーーーーーーーンとしていて、あら?なんだか殺風景???
人気もないような・・・?
そんな駅からホテルまでは、想像していたよりも近くて、出口を出たら、すぐに「HOTEL ASTORIA」の文字が。
良かった〜、迷わず来れた〜。
ひとりの心細さと緊張が、すこし緩んだ瞬間。

ホテルのフロントに着くやいなや、フロントのお姉ちゃんが、私が名乗る前に私の名前を言ったので、きっと今日チェックインする日本人は私だけなのね。
そういえば、飛行機に日本人は乗ってたけど、空港からここまで来るのに、日本人を見てないなー。
彼らはいったいどこへ消えたのでしょう・・・?

で、チェックインを済ませ、部屋へ。
部屋に入ってまずする事は・・・シャワーのお湯が出るか?トイレの水は流れるか&ちゃんと流れていくか?ドアの鍵は閉まるか?電気はつくか?窓は開くか&ちゃんと閉まるか?暖房は壊れてないか?(←この季節これ重要!)等々。
「ここが変なので、部屋を替えてください」って事になる前に、荷物はほどいちゃいけない、ってガイドブックに書いてあったので、その通り実行。
とりあえず、部屋は問題ナシでほっと一息。

もう、暑ーーーーーーーっ!て状況なので、窓を開け、汗だくになったので着替えて、まずは、今夜のために、水などを調達しに買い物に。
ホテルの近くにセブンイレブンがあったので、そこをのぞいてみる。
水、水、っと・・・冷蔵庫の中のドリンクの値段を見て軽く驚いてみる。
コーラの普通サイズ(日本で120〜150円相当のもの)が15DKK・・・えっと、だいたい20倍にすると日本円だから・・・えーーーーーっ???さんびゃくえーーん?
これはえらいこっちゃ!噂には聞いていたが、ホントに物価が高いぞ!デンマーク!
この最初の衝撃から、急に食べ物に関してセコくなるワタクシでありました。

・・・結局、水と牛乳と、せっかくデンマークに来たのでデンマークのビールを(とはいえ、日本でも飲めるツボルグとカールスバーグを1本ずつ)購入。
牛乳は何種類かあったのですが、いかんせん文字がデンマーク語で、なんて書いてあるかわからないので、雰囲気で選んでみました。笑



・・・次回へ、つ・づ・く

f0009909_19314534.jpg

↑どの電車にも、このゲロ袋らしきものがつるしてあって、後日拝借してきたものを、自宅で撮影してみました。

ちなみに上の写真はコペンハーゲン・カストロップ空港の駅のホームです。


************************************************

もし、この日記を気に入って頂けたら、お一つポチッと押してみてください。

にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2005-12-25 20:50 | travel