ただの日記でございます。管理人は、かなと申します。基本的にあまり大したことは書いてません。でも、たまーに面白い事も書くかも知れません。


by pore_pore_kana
カレンダー

2006年 01月 01日 ( 3 )

::::: 2005年12月15日 :::::
f0009909_21213880.jpg

ラウンド・タワーから帰ってきて、服を着替えたりコートを乾かしたりしてから、写真の現像が上がるまで、ちょっと中央駅周辺を撮っておこうかな?と出かけました。

駅の構内には、巨大なクリスマス・ツリーが。
中央駅というだけあって、やはり夕方の駅は人でいっぱい。
この時間の電車もやっぱり混んでます。

f0009909_2122299.jpg

で、先ほど気になっていた謎のオブジェ。
どうやらテレビ撮影のためのセットだということがわかりました。
テレビスタッフがせわしなく動いています。

f0009909_2122197.jpg

これはカメラチェックなのかな?
この時、私はカメラを向けられてるこの人たちが、ADさんだとばかり思ってました。
(日本のテレビは、タレントさんが現場に入るまで、こうやってスタッフがカメラチェックすることが良くるじゃないですか)

外国に来て、テレビ撮影の現場なんて見る事もあんまりないかもね、と思って、この状況をバシバシ撮ってたら、なーーんか、視線を感じるんですよ。
知り合いもいないこの土地で私を見てるのは誰?
と思って、その気配の方を向くと・・・
テレビ局のカメラマンが私を撮ってる模様!
えーーーーーーーっ?
えっと・・・えっと・・・・・・なっなんか!なんか、負けられへん!
こっちもカメラを持ってるし、ここで引いたら負け!みたいな雰囲気になり(なってない、なってない。笑)カメラを持つ物同士のガチンコ勝負に!

f0009909_21235399.jpg

手ぶれしてる私の負けっぽいですけど・・・。笑

f0009909_21224642.jpg

どうやら、それは夕方の生放送の番組だったみたいで、駅でもオンエアされていました。
そして、先ほど、ADさんだと思ってたこの二人がテレビのモニターに映し出されていました。
えーーっ、出演者だったんかい!
それにしちゃー、あまりにも普段着なのでは?君たち?
思わず勘違いしちゃったよ、ワタシは。

そして、これは、ニュース・バラエティみたいな?感じの番組なのかな?
内容はよくわかりませんでしたが。

あ、そろそろ、現像できたかしら?と、テレビ中継現場を後にして、時間のかかる 1 hour photo に行ってみると、「あと1時間半くらいかかるんだけど」と言われました。
えーーっ!あなた、それ時間かかりすぎ!
でもお店の人の言うことには、「機械の調子が悪くて、修理するのに時間がかかり、ゆえにプリントもどんどん溜まっていって、こんな時間になっちゃったんです」との事。
まあ、そういうトラブルだったら仕方ないものね。
ただ、明日ここを発つので、「明日仕上がり」って言われたらキツイな、と思っていたので、今日中にできるならオッケー、オッケー。

では、ホテルに戻って、はがきでも書いてましょう。
f0009909_21231924.jpg

ホテルに戻って、テレビをつけてみると、さっき駅で撮ってたテレビがまだやってました。
ADさんと間違えてしまった彼らが映ってましたよ。
デンマークのテレビを見てて思ったんだけど、テレビに出てる人がみんなカッコイイとは限らないって事。
街中には、キレイなおねーちゃんや、カワイイおにーちゃんでいっぱいなのに、テレビの中の人は、わりと普通の人が多かったです。

しかも、左側の人は、色々しゃべったあと(デンマーク語でわかんなかったけど、何かの募金を呼びかけてたような感じだったなー)歌い出しました。つか、ラップし始めました。
ラッパーさんだったんだねー。
でも、カラオケで、駅中でラップしたりして大変だなー。
それを見て「夜のヒットスタジオ」の中継を思い出したのですが。
・・・それにしても、思い出すもんが古いなー、ワタシも。笑

f0009909_21242738.jpg

そして、夜の7時半ころに、昼に出した現像がようやく上がりました。めでたしめでたし。
写真を受け取りにいくついでに、絵はがきをポストに投函できたし。

明日はコペンハーゲンを発って、ストックホルムへ向かいます。
デジカメでホテルから外を撮ってみました。
なんだか、満月?なのか?雨上がりの空に月が不気味に輝いていました。


旅はまだまだ続きます・・・





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-01 22:28 | travel
::::: 2005年12月15日 :::::
f0009909_169187.jpg

ドラオアからTårnby(ターンビーと読むのかな?)駅に行って電車に乗って帰ってきました。
駅につくと、甘い香りが!
駅の入り口のところでマンデルを売っていました。
売ってる人がロバート・カーライルに似てたのと、お昼を過ぎていたので、ちょっぴりお腹がすいていたので、そこで試しに買ってみることにしました。
・・・ローバート・カーライルはカンケーないか。笑
コペンハーゲンまでの帰り道、電車の中で一粒だけ食べてみたら、思ったよりも甘くなくておいしいー!

そして、車内を見るとはなしに眺めていたら、ドアの上のところに色々なサイン(絵文字みたいなアレ、何て言うの?)がありました。
禁煙マーク、アイスクリーム禁止マーク、そしてその隣には「ソーセージ禁止」のマークがっっっ!!!!
車内で食べちゃだめって事なのか、持ち込み禁止って事なのか、ちょっとわからなかったんですが、ソーセージ禁とは!
国が違えば、そういった禁止事項も違うんですねー。
ちなみに、シンガポールではホテルと電車は、ドリアン禁止でしたけどね。(臭うから)
ああ、ひとり旅だと、こういう瑣末なネタを分かち合う人がいなくてツライね。笑
しかもね、手にマンデル持ってたから、写真撮れませんでした。残念。

コペンハーゲン中央駅について、朝、出せなかったフィルムを1hour photo に持っていきました。
フィルムを出すと「午後6時の仕上がり」って言われたんですが、そのころだいたい午後2時頃だったんですが・・・。
1 hour じゃないじゃん、と思いつつも、ま、いっかと。

いったんホテルに戻って、カメラをデジカメに持ち替えて、再びお出かけ。
小雨も降っていたので、コペンの街をブラブラすることにしました。
折り畳み傘を持っていったので、それが役に立つじゃないのー。

コペンから2駅北に行った Nørreport という駅で降りて、市内を一望できるというラウンド・タワーに行ってみました。
高いところにはとりあえず登っておかなきゃね。高所恐怖症だけど。笑

Nørreport駅を降りて、傘をさしてみたら・・・強風にあおられ、傘がお猪口状態に!えーーーっ!
骨が1本まがったので、それを修正して、懲りずに傘を開くも、バフォーーーンとまた強風がっ!
2〜3回は傘を直しつつ歩いていたんですが、最後はあきらめました。
傘をたたんで、小雨だったので、濡れながら歩く事にしました。

f0009909_161041.jpg

うひゃー、結構濡れちゃったよ。
ラウンド・タワーに着くと、持っていた小さいタオルで、バッグと自分を拭いて、タワーのスロープを登ることにしました。

ここで、ラウンド・タワーとは・・・
1716年、コペンハーゲンを訪れたロシアのピョートル大帝が馬で、エカテリーナ妃が4頭立ての馬車で、一気に駆け上がったと言われる円塔。(と、地球の歩き方に書いてありました)
ま、歴史的な事はあんまりわからないのですが、馬車で登ったって、どんだけ広いスロープなんだろー?と思ったのですが、確かに、ギリギリ馬車が入れるか?って幅。

馬車が登ったくらいですから、エレベーターなどあるはずもなく、己の足を使って坂を上らなければてっぺんまで行けません。
「そりゃそうだよな」と思いつつ、スロープをよいしょよいしょと登っていると、上から「きゃーーーーーーーーー」と叫びながら転げ落ちてくる子供が!
一瞬びっくりしましたが、子供達は、転がって遊んでる模様。
そりゃ楽しいよねー。
それにしても、ホントに、デンマークの子供は伸び伸びしてるなー。
私も参加したかったけど、大人なので、ぐっと我慢しながら坂を登りました。
これ結構キツイよ。
写真だとそうでもないけど、実際登ってみると、なかなかの急坂です。
でも、ここまで来ちゃったからには、登らないわけにはいかないでしょう、やっぱり。
で、展望台に行くには、さらに急な階段を上らなきゃいけなくて、もうこの時点で、息が上がっちゃってました、私。

f0009909_1611137.jpg

展望台に着いたはいいんですが、屋根はなくて、雨と風が吹き付けてきて結構危険。
コペンハーゲンを見下ろす写真のひとつも撮りたかったけど、これはカメラが壊れる!と思って、3〜4枚ほど撮って、展望台から降りてきました。
その展望台で撮ったのが、上の写真です。
雨だし、日も暮れそうだしで、暗いです。

f0009909_16113070.jpg

展望台にもちょっとしかいられず、そのまま坂を下り、坂の途中にあった展示スペースのようなところで、色んな作家が作ったラグをちょろっと見てみました。
そこの売店で、絵はがきを売っていたので買うことに。
フレデリクスボー城からの帰り道に、郵便局を発見して、そこで絵はがきを買ったんですが、書いてみたらば足りなくて、その売店で補充。

雨にも濡れちゃったし、風邪をひいてはいけないと思って、ホテルに引き返す事に。
小雨だったからまだ良かったけど・・・。
街を歩いている人を見ると、傘をさしてる人はあまりいません。
日本だったら100%傘さしてるだろうに。
このくらいの雨では傘なんてささないんでしょうか?コペンハーゲンの人々は?

f0009909_1612871.jpg

再び中央駅に戻りました。
駅のチボリ公園の出口付近がやたら明るくて、なんだかわからないオブジェみたいなのが照らし出されていました。
何かイベントでもあるのかな?

写真ができるまで、ホテルに戻ってひと休みすることにしました。



まだ続きます・・・





++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-01 17:49 | travel
::::: 2005年12月15日 :::::
f0009909_2323958.jpg

ホントに静かなドラオアの町。
ほとんど人はいません。
平日ってこともあったかも知れないけど。

f0009909_23233921.jpg

たまーに、おじいちゃんが自転車乗ってるくらいなかんじ。
あまりの強風に、このおじいちゃん、ちょっとよろけてます。おっとっと。
ホントに風がすごかったよ。
でも、楽しく写真が撮れました。
まだ上がってない現像もあるので、それは追々 「スナップショッツ!」でご紹介しますね。

f0009909_23241973.jpg

町をブラブラしていると、スーパーマーケットがあって、その前に一匹で飼い主を待つ忠犬が。
しかも、ノーリードです。

こちらに来て気が付いたんですけど、ノーリードのワンコがたくさんいました。
駅のホームでもノーリード・ワンコを見ましたよ!

で、このワンコ、ものっっっっっそい人なつっこくて、私が写真を撮ろうとすると、近くに寄ってきて、鼻でカメラを持ってる手をグイグイ押し上げたりするのです。
かかか可愛い!でも、近すぎて君を撮れないよ。(←50mm単焦点)
せめて50cmは離れてもらわなくっちゃ!

ノーリードにしてるくらいだから、人間の指示を聞くかもしれないな、と思って「sit!」って言ってみたら、なんとお座りしましたよ!
あら英語が通じるの?
そして「stay!」って言って、そーっとちょっとずつ距離を取ってみたところ、しばらく動かないんだけど「な〜んちゃって〜」って感じで、また近づいてきて、鼻をグイグイ。
かかか可愛い!・・・いやいや、駄目駄目!そんなに近いと駄目なんだってば!
「sit!」「stay!」・・・いやいやまた・・・。

それを何回も繰り返していたら、通りすがりの人に笑われました。
上の写真はそんな苦労の末に撮った1枚です。
カメラに収まってもらった後に、「ありがとう」って頭なでなでしてお別れしました。

その後また写真を撮り続けていると、オヤジ軍団が近寄ってきましたよ。
f0009909_23243299.jpg

「どっから来たの?日本?」って、ものっそいフレンドリー。
なんだか良くわからないけど、せっかくだから「写真撮ってもいいですか?」って言って撮らせてもらったら、オヤジ軍団の一人が「君のも撮ってあげるよー」って言ってくれましたが、私のカメラはオートフォーカスじゃないので・・・
「これ、オートフォーカスじゃないから、難しいと思うんだけど」と、やんわり断ったら「なーに、大丈夫、大丈夫!」と私の手からカメラを取り上げて撮る気満々。
「じゃあ、ここがピントリングで、ここ回して焦点合わせてね」って使い方を教えて、1枚撮っていただきました。
それがこの写真。↓
f0009909_046096.jpg

お見せするほどの顔でもないので、私のとこだけ、ちょっとぼかしてみました。
強風で頭もボサボサだよ。いつもボサボサだけど。笑
しかも、一人、携帯かかってきちゃって電話してるし。
なんだかワケわかんない状況で撮影終了。

f0009909_23261944.jpg

そうこうしてるうちに、せっかくの晴れ間もつかの間、また雨が降ってきました。
どこかのカフェで休んでから帰ろうかなー、とも思ったんですが、雨が強くなったら、ますます帰れなくなるかも、と、そのままバスに乗って帰りました。
ステキなカフェがあったんだよねー。残念。

帰りは、空港まで行くバスがないので、間違って引き返した時に乗ったラインのバスで、空港の隣の駅まで。
なんか、こっちの方がバスの本数があって、コペンからも近いし、このルートを知ってればもっと時間かからなかったのになー。
地球の歩き方に、訂正依頼しようかなー、って、マジで思いました。
もしドラオアに行こうと思ってる方は、是非とも「Tårnby」という駅で降りて、「350S」ラインのバスに乗って行って下さいね!



まーだまだ旅は続きます・・・




++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-01 00:19 | travel