ただの日記でございます。管理人は、かなと申します。基本的にあまり大したことは書いてません。でも、たまーに面白い事も書くかも知れません。


by pore_pore_kana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

北欧旅行記(20) 国立美術館

::::: 2005年12月17日 :::::
f0009909_17385574.jpg

ガムラスタン散策も適当なところで終了。
その後、ガムラスタンの隣の島にある国立美術館に行きたかったので、日のあるうちに移動。
てくてく歩いて。
道行く車は凍ってました。
車も寒そうだー。
そういえば、朝の駐車場で、みんなフロントグラスをガリガリして氷(霜?)を取ってたのを思い出しましたよ。
毎朝、これやらなきゃいけないのは大変だね!

美術館も5時頃には閉まっちゃうから、早めに入っておかなきゃ。
北欧のこういう施設はだいたい4時とか5時には閉まってしまうので、何カ所も見れないところがツライっすね。
あっちもこっちもってのは、はっきり言ってムリ!
美術館も展示の量にもよるけど、大きいところだと、観てまわるのに、かなり時間かかりますもんね。

f0009909_1739650.jpg

さて美術館に到着ー!
国立美術館は入場無料の太っ腹!
無料だから、そんなにすごくないのかな・・・と思っていたら大間違い!でした。
常設展示の豊富さっていったら、スゴイ。

展示は小さな部屋(っつっても広いんだけどね)にテーマ別に歴史的な調度品やら家具やら(戦利品?)絵画が展示されていて、とても見やすいレイアウト。
でも、展示品が豊富すぎて、絵画なんて縦に2枚展示されてたりするのもあって、わりとざっくりした扱い。
その中には、ルーベンスだのモネだのマネだのユトリロだのゴーギャンだのがザックザク。
手を伸ばせば触れそうなところにガンガン置いてあるのです。だからって言ってもさわっちゃダメよ。見張りのおっちゃんもいるし。←カッコイイおっちゃん多し!笑
さらに、ロダンなんかの彫刻もフロアの真ん中にドンドンドーンって何体も置いてあって、画学生なのか若い男の子が椅子持参でその彫刻をデッサンしてました。
なんたって入場料がタダだからね、そういう若いアーティストが本物の絵やら彫刻を観たいだけ観れるってのは、とてもすばらしいと思いました。
スウェーデン、はっきり言って物価は高いけど、こういう教育施設はタダでいいね。

そして、スウェーデン出身の画家の作品も多く展示されてて、これがまた、良かったのですよ。
いやー、来て良かった!

そして、もう一つ驚いたのは、作品見ながらみんなフツーにぺちゃくちゃおしゃべりしてるのよね。
感想を述べ合ったり、感動を分かち合ったり。
日本の美術館だったら、金ぴかぴかの気取ったオバチャンに「シーーーッ!」とかされたりするけど、ここは違う。
敷居が高くない感じがいい!
私も常々思ってたんだけど、そんな息をするのも気を遣うほど静かに観てて面白い?って。
展示会場で、音楽流しちゃってもいいんじゃない?くらいの事は思ってた。(実際そういう展覧会もあったけど・・・)
なんか、特別な人だけがわかるんだ、みたいなその感覚がなーんか嫌だったのよね。
描いてる人に直接聞いたわけでもないのに、それをなんか決まった方向に感じないといけなかったりする雰囲気の日本の美術カンケーの常識が、どーなの?って思ってました。
もっと自由に感じさせろよ!って思ってましたっ!(あー言っちゃった!スッキリ!笑)

こういう誰でもがいつでもフツーにカジュアルに質の高いアートに触れられる環境ってスゲー!ってマジで思いました。

ここの美術館は、王族が芸術好きで、金にモノ言わせて集めたりしたコレクションとか、寄贈品だったりするから、日本のお金かかった美術館とは違うとは思うけどね。
でも、特別展示は有料だったよ。50クローナ。
それでも、日本の美術館より安いと思う。(閉館時間が近かったので、私は観ませんでしたけど)
常設展示でもうすごいことになってるので、それだけ観てもかなり価値があると思いました。
芸術に興味のある方は是非とも行ってみてください!
ミュージアムショップも楽しいです。
あと、トイレもキレイです。笑
でも、手を乾かすドライヤーはやけどしそうなくらい熱いです。
ロッカーは5クローナ必要なので、小銭用意してって下さい。(あ、クロークで両替してもらえます。お金は荷物出すとき戻ってきます。)

デンマークで、美術館観れなかったから、ホントにここに来れてよかったーと思いました。

f0009909_1916184.jpg

そんなカルチャーショックを含め、ステキな作品を堪能して美術館を出たら、もう外は真っ暗でした。
向こう岸のガムラスタンの夜景を撮ってたら、見知らぬ人が「写真撮ってあげますよ」って声をかけてくれた。
ナニナニ?北欧では一人旅で写真を撮ってる人にはかならず本人が収まる写真を撮ってあげるってのがルールなの?っつーくらい、みなさんすごい親切。
ああ、オートフォーカスのデジカメだったら、是非とも撮ってほしかったけど、暗いところでフラッシュもなしのフルマニュアルカメラは、ちょっとかわいそうだったので、訳を言って、丁寧にお断りしました。でも、ホントにありがとうございました!

さて、暗いし寒いしお店も閉まっちゃうし、かれこれ7〜8時間、カメラしょって歩いてたので、肉体的にも疲れたので、「もうおうち帰る〜」モードに。
また地図を観ながら中央駅を目指しました。

f0009909_1741439.jpg

そして、王立公園ってところを通りがかったら、そこにはスケートリンクがあって「おお、こんな街中にスケートリンクだなんて、さすが北国!」と思うもつかの間・・・
「人だけじゃなくて犬までスケートしてるじゃん!」とびっくり!
思わずシャッター切りましたが、びっくりが勝ったのね、手ぶれしました。笑

でも、足冷た〜〜い!って状態になったみたいで、リンクから上がってきました。
飼い主さんも、「ホラホラ、毛布の上に座って待ってて」って感じで、そのワンコを毛布まで誘導。
ホントに北欧は、ワンコつないでません。笑
でも、ワンコもおとなしいー!

f0009909_1742648.jpg

で、リンクから上がってきたワンコにカメラを向けたら、思いっきりのカメラ目線。
んがーカワイイー!!
思わず飼い主さんに「かわいいワンちゃんですねー!」って言っちゃったもの。笑
そうしたら「そうとう歳いってるんだよ」っておっしゃってました。
うん、この何かを悟ったような目は、おじいちゃん犬だからだったのね。

f0009909_17421958.jpg

そして、このワンコ、向きを変えても、視線はカメラの方に・・・
暗くてピントが甘くて見づらくてスミマセン。

ああ、ワンコにも癒されました。
そして、ここのスケートリンクはどうやら入場無料のようです。
つか、お金取ってる様子がないです。
スケート靴だけは有料で貸し出してるみたいですけど。
マイシューズがあれば、いつでもタダでスケートができます。
やっぱすごいな、こういうところも・・・。

と感心しながら、中央駅を目指すも、また迷子状態に!
さんざん迷って、街をさまよい、挙げ句の果てには、思ってた方向と逆方向にいっちゃって、1コ前の駅に行ってしまいまして、そこから地下鉄に乗ってホテルまで戻りました。
もう、寒さで身体が固まってしまったからか、肩が痛〜い!
足も棒のようになって、もう疲れはピークに。
夕飯はギブアップして、またもやコンビニでパンとフルーツ買ってホテルでぐったりしながら食べました。

明日までには、この疲れが取れてるといいなーと思いました。

f0009909_19264722.jpg


つ・づ・く・・・


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

なんとなく、ランキングに参加してみました。
そんなガツガツしてないですけど、もしも、面白いなーって思って頂けるようでしたら、バナーをポチっと押し頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 日記ブログへ
[PR]
by pore_pore_kana | 2006-01-15 20:24 | travel